【画像付き】Amazonで注文が入った時の、自己発送の仕方

今回は、Amazonで注文が入った場合の発送方法を説明していきます。

今回紹介する方法は、メール便2cmで送れるものまでです。

それ以上のものはゆうパックはこBOON等で送りましょう。

 

 

まず、セラーアカウントにログインします。

左側に注文管理のタブがありますので、未出荷の数字をクリックして下さい。

 

注文が確認できました。

右側の「納品書の印刷」をクリックして印刷しましょう。

印刷が終わりました。

これを使用しやすいように切ります。

左上を封筒の宛先に、下を納品書として使います。

お次は梱包です。

理想はプチプチに入れることです。

私は時間短縮のために袋状のものを使っています。

 

こちらで購入しました↓

送料を考えて、1枚あたり10円ほどです。

 

ない場合はラップで巻いた後に新聞紙でくるみましょう。

袋状のモノはホームセンターで安く売っていますが、裁断の時間が馬鹿にならないのでオススメはしません。

ビニールテープで止めました。

宛先を封筒の上付近にビニールテープで貼り付けます。

右下に自分の住所と名前、そして【Amazon.co.jp】と書きます。

 

私の場合は時間節約のためスタンプを作りましたが、そこまでする必要はありません。

今ではFBAが使えますので、そのうち自己発送はしなくなります。

 

FBAとは

 

 

あとは印刷した紙の下部の納品書と商品を入れ

封をすればOKです。

WS000005-1024x395

最後に注文管理画面で商品の発送通知を出せば終了です。

出荷作業が終了すると、未出荷リストから削除されます。

 

この1連の動作でおよそ5分といったところでしょうか。

たかが5分でも、商品が10となってくると時間がものすごくかかってしまいます。

 

将来は時給5000円とか叩き出せるようになりますので、これは非常に勿体無いです。

ですので、ノリ付き封筒や袋状のプチプチを使っているわけですね。

 

最終的にはFBAを利用した方が売れ行きが伸びる上に発送の手間がなくなり楽なので、自己発送はそのうちしなくなると思います。

「売れる!!」

と思ったら早々にFBAを利用した方がいいですよ。

 

私がせどりを始めた頃はFBAが休止中だったため泣く泣く自己発送をしていましたが、FBAが再開された時からかなり作業が楽になりいました。

 

おかげで封筒がダンボール1箱とプチプチが300枚ぐらい残っています(涙)

これらはFBA発送時の隙間を埋める時に使っていますw

 

 

以上で発送についての説明は終わりです。

お疲れ様でした(・∀・)ノ



ポチってくれると励みになります(・∀・)ノ
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


【メールマガジン】
yoshinaosama_top_mailmaga530*h600


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ