水道管工事で350万…

こんにちは~、よしなおです。

 

ちょっと私的な話になりますが、うちの祖父は今90歳なんです。

 

90歳にしては元気でよく旅行に出かけていますが、もうボケているし呂律が回らないし心配なわけですよ。

 

 

そんな祖父が先日「俺はこれから向こうの家(石川県の持ち家)で住むから」

 

 

なんて事を言い出してしまいました。

 

もう年だし、生まれ育った地元で暮らしたい。

その気持ちはわからなくはないです。

 

 

けれども、一人で生活するのは絶対に無理でしょう。

周りに知り合いが居るといっても、あそこら辺は隣の家まで50mはあります。

 

助けを呼んだのに近くに人がいなくて孤独死…、目に見えるじゃないですか。

 

 

本人は

「俺は一人で大丈夫だ」

「俺は今まで極力迷惑をかけてきたことはない」

 

 

こう言っています。

 

 

 

とんでもない!!

 

 

迷惑なら数え切れないほどあります。

けれども本人は全く自覚していません。

 

なまじ自分が成功してしまったため、昔から自分の考えは正しいと思い込んでしまっている節があります。

 

 

 

母親がいくら注意しても、食べ物を買ってきては冷蔵庫に閉まっていきます。

量が多いので、片っ端からカビが生えたり腐ったりしてくるわけですよ。

 

田舎暮らしだった人は、食べ物を買いだめする性質があるとか。

もちろんそんなものを食べていれば体を壊してしまいます。

 

なので母親が気づかれないようにこっそりダメになった物から捨てていたんですね。

 

 

 

更に小さいことを言ってしまえば、もういらないと言っているのにお土産で買ってくるお菓子、これだけでもかなりの迷惑です。

 

 

旅行の度に買って来ます。

それもかなりの量を。

私は体質的に甘い物があまり食べれないのでキツイ。

 

 

1度もらって~、と友人に渡しに行った時、「限度があるだろ!!」と突っ込まれたぐらいの量なんです。

 

 

また、今住んでいる家に関して。

 

 

傍から見ると「おっきい家だな。お金持ちィー」

 

 

けれども実際は

「家中ボロボロ」

 

 

それも割とシャレにならないぐらいです。

雨漏りは当たり前、ちょっと前は建物の壁が落ちてくる(しかもブロックほどの大きさ)こともありました。

 

 

水道管が古くてサビ水しか出ないため、浄水器は必須です。

 

3.11の時は、数日間真っ黄色な水しか出ませんでした(´Д` )

 

 

 

「消費税が上がる前に、一部だけ水道管の工事をしてしまおう。」

 

以前日記でも書いたんですが

 

 

この一部の工事だけで350万円かかってしまいます。

 

 

 

 

ちなみに祖父は…、現金での手持ちがありません。

 

旅行にはこれでもかってほど行き、更には骨董品が好きなので買い漁っています。

あまりにも量が多いので、屋上にプレハブを作ったぐらいです。

 

勿論これは消防法に引っかかってしまうので、お金を払って2年間だけ許してもらっているわけですね。

 

 

 

そんな祖父の持ち家の実家。

 

・家の中がガタガタ

・月の光熱費が10万超

・固定資産税と贈与税はどうするの?

 

 

 

完全に負の遺産と化しています。

祖父がいなくなった後、この家をどうするか。

 

これは藤田家でかなり深刻な問題になっています。

 

 

 

こんな状態なのに、「俺は迷惑をかけてこなかった。今まで面倒を見てきてやった」

 

と思っているんです。

 

 

私の親(祖父にとっての子)は良くしてもらったかもしれません。

 

けれども私から見てしまえば、問題だらけなんです。
人って、成功したら自分を信じて疑わなくなってしまうことが少なくありません。

 

 

実際、思い込みが強い人ほど成功はしやすいです。

これは「疑わず続けることが出来る」点が大きいからです。

 

 

けれども、思考が固まってしまうのは危険です。

間違いに気づくまでに時間がかかってしまいます。

 

 

 

「人の振り見て我が振り直せ」

 

 

 

年をとる前に、柔軟な思考を身に付けたいところですね。



ポチってくれると励みになります(・∀・)ノ
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


【メールマガジン】
yoshinaosama_top_mailmaga530*h600


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ