キングダムは王騎が一番格好いいでしょ

こんにちは~、よしなおです。

 

最近「キングダム」にハマっています。

ヤングジャンプで連載しているアレです。

 

昔はからくりサーカスを読んで感動していました↓

名作と呼ばれるからくりサーカスを読んでみた

 

今際の国のアリスも好きですね↓

「今際の国のアリス」にハマッたヨ

 

 

寄生獣を小学生の時に読んだのは懐かしい↓

ヒストリエをちゃんと連載してくれ!!

 

面白いですね~。

 

 

 

王騎将軍とかただのネタキャラかと思いきや、あのキャラを通して終始格好良く描かれていました。

今では王騎将軍の左手を腰に当てる格好に憧れてしまいますw

 

 

私は歴史モノの漫画はそこそこ読むのですが、ここまで軍略に比重を置いている漫画は珍しいと思いました。

 

例えば封神演義では

 

用兵を順に説明

よって変わった戦況を説明

「さすが太公望!!」

 

と、淡々と説明されます。

 

 

けれどもキングダムの場合は、その途中途中に将軍や傭兵の心理描写が描かれます。

その描写があるおかげで、その軍略がどれだけ成果を上げているか非常にわかりやすくなるんですね。

 

軍略の説明の図も非常にわかりやすい。

 

他にも「士気」の重要性や将軍の強さ。

 

 

最初は「司令塔が倒れただけでそこまで軍がバラバラになるの?」という疑問を持っていましたが、見事に打ち砕いてくれました。

 

さすがに将軍達の強さは眉唾物ですがw

 

 

伏兵の重要性も感じ取れましたね。

横山三国志だと

 

 

「ジャーンジャーン」

「げげっ、関羽!!」

 

で殲滅。

あれはあれで面白い漫画でしたがw

 

この漫画で一番すごいと思ったのが、「合戦の恐怖を緻密に描くが、勝利の美酒も精巧に描く」部分だと思います。

 

合戦は嫌なものです。

でも国や家族を守るために戦わなくてはなりません。

痛々しい描写は多数あります。

けれども勝利した後の仲間の絆、将軍視点からの見識、達成感。

 

良いこと、悪いこと全て描かれています。

 

綺麗事で話を通していない部分がとても素晴らしい。

 

 

おかげでとても戦国大戦がやりたくなる病が出てしまいました(`・ω・´)

 

(もしかして、もう少し試合展開を考えれば勝ちまくれるのではないだろうか。)

 

こう考えて出陣!!

 

 

 

1勝5敗…。

 

 

いや、槍出しとかまずはそっちですね。

壁役の蒲生が全部突撃を受けているんですもの。

開幕端攻めの総武力が28あって1発も取れずにカウンターを受けるのは大問題だ。

 

練習あるのみじゃ



ポチってくれると励みになります(・∀・)ノ
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


【メールマガジン】
yoshinaosama_top_mailmaga530*h600


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ