50万貸して踏み倒されたので、税理士に相談した話

こんにちは~、よしなおです。

 

 

今回はタイトルのとおり、金銭トラブルについて書いて行きたいと思います。

もちろん私が借りた側ではなく、貸した側ですよ。

 

 

【3年以上前…】

 

友人の友人に「ジムの研修費用が払えないから金を貸してくれ」と泣きつかれました。

 

さすがに面識がない人に50万は貸す気がしませんでしたが、この時期、私の手元にはパチンコの金景品がありました。

 

【参考記事】金相場が上がり気味だから、金景品を集めまくってみた

【参考記事】パチンコの金景品で稼ごうとした結果

 

まあ、処分に困っているものだし、これなら50万円分渡してもいいかな。

面識がなくても、私が通っているジムのどこかで働いているわけだし。

楽に見つけられるから問題はないだろう。

 

 

こう思い、金景品50万円分(1g2500円計算で。当時の相場は3500円でした)を渡すことに。

換金済み次第、借用書を書いてよこせよ、と付け加え友人経由で渡します。

 

 

 

 

 

借用書を書かない。

 

 

 

「換金できたでしょ?1週間以内に借用書を書いて持ってきてね」

 

 

と再度連絡するも

 

 

当然のように返信なし。

 

 

この時点で、相当頭にキています( `ω´)

 

 

「お前みたいに信用できない奴に貸す金などない。全額返すか来年から払うはずだった利子を今すぐ払え」

 

と、メールを送りました。

 

 

相手の謝罪は一切なく

「話が違う詐欺だ!!」

 

 

 

ハァ(゚Д゚≡゚Д゚)?

 

 

借用書すら書かない奴が何を言っているんだと。

 

当然、私は利子よりも元金が返して欲しいわけで、ひたすら元金を返せと言います。

 

 

ちなみにこのやりとり

 

相手は1度も電話に出ません。

 

このやりとり中でなくても、彼は1度も電話に出ていません。

 

 

私は訴える気満々でしたので、散々脅しをかけたところ

「分かりました。でも今手元にないので利子だけ払います」

と相手が折れます。

 

 

 

結局、相手が信用ならないので私が借用書を作成しました。

 

支払い期限を3年に設定し、この期限を超えて支払いが滞れば訴える気満々。

 

ようやくサインと拇印を押してもらい、話が終わったように見えます

 

 

 

 

当然、利子の支払いでさえ遅れます。

しかも、こちらから連絡を入れない限りほぼ振り込まれません。

 

 

本当に信用できない奴ですね。

後で聞いた話だと、結局ジムの研修費用を滞納した上、友人の彼女を影で口説くとんでも野郎でした。

 

その人を紹介した友人はメチャクチャ謝っていましたけど、まあ気にはしていません。

しっかり確認しなかった私が悪いわけです。

 

 

 

もうね、お金を貸す自体がデメリットなんですよ。

お金がある時に

「お金を他の人に貸して利子を取れば儲けもの」

なんて考えていましたが

 

そもそも回収出来ません。

地元の友人なら、なおさら回収しづらいです。

 

 

不慮の事故でない限り、お金を借りる人なんて金銭感覚がおかしいのですよ。

基本的にお金がない。

 

そして、借りること自体に罪悪感がない。

 

まあ、この通り貸す方もバカなんです。

「貸したお金は帰ってこないものと思え」

 

という言葉を、私は信じていませんでしたよ。

 

ここまで回収不能になるまでは。

 

 

ちなみに、上記のクz野郎を抜かして150万円ほど未回収の貸しがあります。

 

 

いくらお金があっても、あげる気がないなら貸すのはよしましょう(´д`)

 

 

 

 

ちょっと話が反れてしまいましたが

 

私は12月が忙しくて、利子の振込を確認し忘れていました。

 

 

1月になってしまっていたので

「今月は2ヶ月分ちゃんと払えよ」

 

と、送ったところ

 

はい、振込なし

 

 

催促メールも全て無視。

 

電話も全て無視。

 

 

ダメですね、こんな奴に労力を注ぐのが無駄です。

 

 

もう終わらせてしまおう。

 

 

とりあえず、最後に1度だけ

「金曜までに連絡が内容なら、こちらもそれ相応の対応をする」

 

と送りました。

 

 

当然

 

 

返信なし!!

 

 

よし、腹をくくった。

 

 

 

完全に頭にきたし、さっさと縁も切りたいので訴えることにします。

 

これは感情の問題なので、いくら費用がかかろうとも私は構いません。

このままでは腹の虫が収まりませんからね。

 

 

そういうわけで、友人の親父さんがお偉い弁護士だったので、相談してみました。

 

相談してみたところ、それ専門の弁護士を紹介してくれることに。

 

 

と、言うわけで

 

 

先日、弁護士事務所に行って参りました。

 

 

つづき⇒契約書はゴミ。貸したお金が返ってこないパターン。



ポチってくれると励みになります(・∀・)ノ
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


【メールマガジン】
yoshinaosama_top_mailmaga530*h600


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ