せどり初心者は周りを見よう。お店との関係は超重要。

Mさん「よしなおさん、ブックオフでバーコードはダメだと注意されました」

 

 

 

「まあ、仕方ないですね。手打ちで出来るのなら問題ないでしょう」

 

 

 

Mさん「それが、手打ちもダメだって」

 

 

 

「ふぁ!?」

 

 

 

「このご時勢に、手打ちもダメなブックオフとは珍しい…。」

 

 

 

「そういえば、言い忘れていましたけど」

 

 

 

「絶対にお客と店員さんの邪魔になってはいけませんよ」

 

 

 

「あくまで店とはwin-winの関係でなくてはなりません」

 

 

 

Mさん「あ」

 

 

 

Mさん「この前オレやらかしました、そのせいでしょうねw」

 

 

 

 

こんにちは~、よしなおです。

 

 

最近コンサルというよりは相談に乗っているんですけど

 

 

直接見ると出てきますね~、色々教え足りないところが。

 

この件に関しても、私は誰かから聞いたというよりは

地雷屋さんがブログで口を酸っぱくして言っていた部分なので

 

完全に当たり前のことだと認識していました。

 

 

 

でも、知らない人にはわからないようですね。

 

 

 

例えば

「商品の発送はできれば当日の方がいい」

だとか

「価格改定は毎日やるべき」

 

「商品説明は詳細に書く」

もありますね。

 

 

商品説明や価格改定については何度も述べていますが

実際にやってみるとよくわからないのでしょう。

 

 

教えたつもりになっていても、ちゃんと確認しなきゃダメですね。

反省。

 

 

 

特にビックリしたのが、Mさんは出店型のアカウントでしたので商品の詳細を書くことが出来るんです。

 

 

出品者コメントは1行で終わっているのに、商品の詳細についてはガッツリ書くという、まさに予想外の方向から攻められてしまいました。

 

 

 

こう考えてみると、私はある程度知識を持った状態から始めたようですね~。

人のブログを読むだけでも、意外と大切な部分が頭に入っていることを実感できました。

 

 

あと、最近思ったのが

 

「初心者さんには、とりあえずAmazonで手持ちのいらないモノを売らせよう」

 

 

 

 

せどりの楽しい部分って

 

「売れる商品が見つかった瞬間」

「モノが売れた瞬間」

 

なんです。

 

 

特に、モノを売ったことがない人にとっては、「売れる商品」が見つかったとしても

実際にそのモノがお金になるということを、心の底で理解してもらえないようです。

 

 

やはり、売れる実感がないと、やる気が出ないものですね。

 

 

せどりは「稼ぎ=モチベーション」な部分がありますので

 

 

「読者さんはモチベーション管理が一番大切」

とはよく言ったものですね。

 

 

地雷屋さん、さすがでした。

 

 

 

 

PS.

以前売ってしまった私物の「風来のシレン アスカ」についてですが

 

 

 

超後悔していますw

 

 

ディスクのみで「19800円」になったものの

 

 

どこを探しても当然ない。

Amazonにしかありません。

 

 

あれほど時間食い虫なゲームはありませんので、泣く泣く手放したのですが

 

多分、一生のうちにまだ何度かやる機会はあるでしょう。

 

 

 

 

PS2.

これだけ地雷屋さんをプッシュしていますが

 

私は地雷屋さんがプッシュしている斎藤一人さんはプッシュしていませんw

 

あの人、私からすると言っていることが宗教臭くてかなわんw

いいことを言っているんですけどね。



ポチってくれると励みになります(・∀・)ノ
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


【メールマガジン】
yoshinaosama_top_mailmaga530*h600


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ