ネガティブな感情からポジティブへ。ポジティブ過ぎな人は壊れやすいから注意!

「あいつ、何も考えていなくて楽しそうだな」

 

とか

 

「なんでもポジティブに考えれるやつ、気楽でいいなぁ」

 

 

こう思っていた時期が私にもありました。

 

 

 

でも最近わかったこと

 

「ポジティブに生きるって超辛い!!」

 

 

 

 

こんにちは~、よしなおです。

 

 

何故今回はこの話をしたかというと

 

「よしなお変わったなぁ、ずいぶん元気になった。死んだ魚の目をしていた時期が懐かしいw」

 

 

と言われてハッとなったからです。

2つの意味でハッとなりました。

 

 

・超ネガティブ君と言われた私が「元気になった」と言われるほど変わったこと。

・以前はそれほど目が死んでいたという事実w

 

 

まあ、あの時期はしょうがないと思いますw

2ヶ月ずっと努力し続けて、あっさり切られる。

 

とんでもない時期に就活の再開をさせられ、書類選考すら通らなくなる。

会社で働くことの不信が大きくなるうえに、派遣会社さえろくな対応をされない。

 

 

もう、何も信じられない状態でしたから。

働く気が失せたものの生活費は稼がなくてはなりませんので、仕方なくスロットを打っていました。

 

立ちくらみに耐えながら、悪い空気で咳に悩ませられながら

 

ひたすら4.2秒毎に同じ動作を繰り返しています。

 

 

そりゃあ、目も死んでしまいますね。

 

 

「もう働いたって仕方がないし、やりたい事もないからいいや」

 

 

完全にネガティブ思考に陥っていました。

 

 

 

 

けれども今は

 

 

結構ポジティブだと思います。

 

 

個人で何かをするには、自分から行動する必要があるからです。

「ネガティブ=行動しない」を成り立たせてはいけません。

立ち止まった時点で、その仕事は終わってしまいます。

 

 

新しいことを挑戦するのは苦手でしたが、自分の価値観が変わってきました。

 

 

以前は

「面白いから○○だけやっていれば満足」

 

だったのですが

 

「○○よりは面白くないけど、いい経験をしたなぁ。やってみてよかった。」

 

 

と、考えられるようになったのです。

 

 

 

 

 

ポジティブな反面、失敗した時のショックが大きいですね。

 

失敗したショックを、全て体で受けきってしまう。

 

 

 

私は典型的な「ネガティブ君」だったので

できるだけ「悪い」方向に考えていました。

 

ネガティブって、自分では「リスクを把握している」つもりでしたが、実際は「逃げている」だけ。

 

「自分が傷つきたくないからショックが少ないように悪く考える」ことをしています。

いわゆる自己防衛ですね。

 

 

最初から何もやらないし「どうせダメだから」と思っているからショックが小さいです。

 

 

けれども、「何も挑戦しない」から成功する人はいません。

 

あなたの周りにいますか?

超ネガティブで成功しているような人が。

 

 

いないと思います。

 

だからこそ、成功する人は皆ポジティブなんですね。

 

 

 

当然、ポジティブ思考にはリスクもついてまわります。

 

 

極端な例を言うと

 

とてもポジティブだったあの人

 

仕事を失敗してから、同じ人とは思えないほど変わってしまった有様を見て

 

「あんなに元気だったあいつが…」

 

 

たま~に聞きますね。

 

 

「失敗したことによるショック」

「自分で想像していた未来がメチャクチャになってしまう」

 

結構な重さでのしかかってきます。

 

その重みに耐えられない人がいるかもしれません。

 

 

けれども、人が成功するためには仕方がない事なのです。

 

 

 

 

 

 

 

ここまでさんざん偉そうに語ってきましたが

 

 

今日は「戦国大戦」のエリア決勝大会。

 

 

店舗予選もマッチングでなんとかなったし

 

身内同士当たって共倒れしてくれればワンちゃんあるし

 

カードを理論値で動かせれば勝てる人も多いし

 

今日は勝とう!!

 

 

ポジティブに行ってきます(`・ω・´)



ポチってくれると励みになります(・∀・)ノ
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


【メールマガジン】
yoshinaosama_top_mailmaga530*h600


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ