コミケ終わりだと売れる!?

売れた~!!

2万のDVDがあっさり売れた!!

 

夏休みに入ってから商品が売れなくてヒイヒイ言っていましたが、コミケが終わったらこの変わり様、

 

 

売れなくて結構焦っていましたw

最悪先月よりも売上が下がってしまうかもと。

 

 

先月末より在庫が100近く増えているのに売れ行きが悪ければそりゃ焦りますよww

 

 

 

さて、ようやく仕入れ値を再入力したので、来月からしっかりとした純利益が出せます!

 

ツールで仕入れ値を修正する場合、個別に商品情報を入力しないと呼び出せなかったんですよ。

一々ISBNコードを入力するのはとてもじゃないがやってられない…。

 

 

け れ ど も

 

 

日頃マメに行なっていたおかげで、その問題を解決できました!!

 

 

実はAmazonで出品する際、SKUコード(商品判別用コード)を自分で設定することができます。

 

ツールを使う前は「2012-06-13-105-986」

 

といったように、日付、仕入れ値、初期売値を記録していました。

 

実は、今使っているツールは、SKUコードで商品情報を読み込む事ができるのです!!

 

 

つまり、

「2012」

で検索。

 

出てきた商品情報を片っ端から修正。

なんとか2時間ほどで完了することができました。

 

1つ1つISBNコードを手打ちしていたら、日が暮れてしまいますよね。

 

面倒でもやっていてよかった!!と思ったことでした。

 

 

 

 

 

ところであなたは、「ワンピース」がお好きですか?

私はそこまで好きではありません。

 

先日mixiニュースで

「ワンピースが好きな理由。女性編 男性編」

が載っていました。読んでみると…

 

「仲間を大事にしていてとてもいい」

だとか

「夢に向かって進む所が良い」

 

予想通りのアリキタリの感想でした!!

 

 

なんで?

ゾロを救う辺りまでは面白かったけど、クロコダイル戦とか戦闘シーンがツマラナすぎて流し読みしていたし。

 

戦闘シーンが大好きな私は、途中で入る泣きだとか、敵を白目でふっ飛ばせばいいといった演出は大嫌いです。

 

 

こういったアリキタリの感想を載せるぐらいなら、逆に「ワンピースが嫌いな理由」を載せてくれと。

 

結構いると思いますよ、「困ったら回想」とか「安っぽいお涙頂戴」とか文句をいう人が。

 

 

でもね、ワンピースが好きな人って、「面白い」人とか「売り込みがうまい(自他共に)」人だったりとか、できる人が多いんですよね。

これは人間心理を把握できている人が共感するため、こういった人が多いのですが。

 

ということは、ワンピースも人間心理の描写に長けているということでしょうか?

 

 

 

 

そう、ワンピースが売れる理由は、ちゃんとあります。

 

 

「神話の法則」というものは知っていますか?

 

 

映画などの話作りで使われる「神話の法則」というものがありまして

オズの魔法使いやスターウォーズを例に出し、映画の話の基本構成について書いてあります。

これは人間心理によるもので、この本の通りに作れば、多くの人に共感を得られるということです。

 

ただし、この本を読んでいますが、本自体は面白くありませんw

「なるほどなぁ」とは思うものの、要は映画のシーンを取り出して事細かに説明をしているだけなので、新しく知ることや盛り上がりが少ないのですよ。

 

ちょっと話が逸れましたが、この「神話の法則」を使うだけで、話が面白く感じられるようになります。

 

 

基本的な話構成(序章)では

 

日常の世界

冒険への誘い

冒険への拒絶

賢者との出会い(シャンクスとか)

 

 

こうなっています。

 

 

ワンピースは次章の

 

 

 

試練、仲間、敵対者

最も危険な場所への接近

最大の試練

報酬

 

 

をひたすら繰り返しているわけです。

 

 

細かくは

の本の厚さ(約500ページ)からわかるように、文章で書くのはちょっとキツイですね。

 

 

 

これは冒険以外でも置き換えられます。

あなたが、小学生の時に読んだことがあるであろう物にも使われています。

 

 

そ れ は

 

 

 

 

こどもチャレンジです!!

 

 

ベネッセが発行しているものですね。

 

よく封筒に広告漫画が入っていたと思います。

 

 

 

ぱっとしない少年が友達にチャレンジを勧められて、やってみるもののあまり結果が出ない…。

けれどもその友人は学力がメキメキ伸び、何故かスポーツまでも出来るようになるw

 

その少年はもう1度チャレンジを続けた結果、成績が伸び、何故か女の子にキャーと抱きつかれるw

 

 

こういった流れだったと記憶しています。

 

チャレンジの広告を見て、あなたはツマラナイと思いましたか?

漫画として面白く読んでいたのではありませんか?

 

 

売れている話の多くには「神話の法則」が使われています。

女性が出てくると、また先ほどとは違ったパターンがありますよ。

 

 

ちなみに私の1番好きな映画はバタフライ・エフェクトです。

2は駄作、3はまあ見れるかな。



ポチってくれると励みになります(・∀・)ノ
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


【メールマガジン】
yoshinaosama_top_mailmaga530*h600


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ