混合在庫だと、同じコンディションの商品はSKUが違っても混ざるみたいです!!

家電商品を出品する際は、必ず「保証書」についての記載が必要になってきます。

 

 

私の場合は多くをヤマダ電機で購入しているので、購入と同時に保証レシートが出てきます。

 

 

保証レシートは商品に貼り付け

「メーカー保証は発送日から一年間となります(保証用シールをお付けいたします)初期不良の場合はメーカー対応になります。」

とコメントを付けて出品していますね。

ビックカメラでも保証レシートをもらえました。

 

 

ただ、メーカーによってはメーカー対応をしてくれないところもあるのでご注意を。

恐らくそのようなメーカーは、購入した時に注意されると思います。

 

心配なら店員さんに聞いてみましょうね。

 

 

(ちなみにアウトレット商品は保証がない物が多いです。その場合はきちんと記載しましょう)

 

 

商品によっては開封して保証書を記載するものもありますので、その場合は

「保証書を記載するため1度だけ開封しました。もちろん新品未使用品です」

とでも書いておきましょう。

 

ちなみに、ゲーム機などの高額商品でも保証書の付くものがありますね。

 

 

 

さて、保証書に関してはそこまで難しいことがないと思います。

 

 

 

けれども、非メディア商品の出品に慣れてない方は

 

とても危険な落とし穴があるので気をつけてください!!

 

 

 

これは以前私がした失敗でもあります。

 

 

 

 

Amazon側が

「新品の同一商品でも、商品説明が違えば出品して良い」

と言っていたので

「そうか、ならば箱に傷があるものは、価格と説明を変えて別々に出品してしまおう」

と出品しました。

 

 

 

けれども

 

 

 

FBA在庫状況を見ると「同名商品の在庫数が混ざっている」ことを発見。

 

 

 

 

「なんぞ?」

 

 

 

と思ったものの、しばらく放置していました。

 

 

すると

 

 

 

出荷作業中⇒2件

 

 

はい

 

 

これヤバイです

 

 

なんせこの売れた商品、「実は1つしか出品していません」

 

箱がキズモノで1つ出品していたのに、2つ売れていたんですよね。

 

 

要は

同名商品は、出荷した時期、説明に関わらず全て同じ商品として扱われていたようです。

 

 

簡単な図にするとこんな感じです↓

混合在庫

 

今回はキズモノが売れて実質綺麗な方が発送されたので問題はないですが

 

 

逆で配送されたらたまったものではありません。

 

 

「新品を買ったら箱が潰れていた 1」

 

と付けられてしまう可能性は大いにあります。

 

非常に危険なので

 

 

絶対に覚えておきましょう。



ポチってくれると励みになります(・∀・)ノ
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


【メールマガジン】
yoshinaosama_top_mailmaga530*h600


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ