AさんにCDせどりを勧めた結果

「やっぱりCDって、量が多いから大変ですよね」

 

 

 

「僕は全然やる気が起きないのですが、彼女が音楽大好きなので乗り気で検索してくれます」

 

 

 

Aさんとこの前仕入れに行った時の話。

 

…いい分担作業だこと(´Д`)

 

 

こんばんは~、よしなおです(>_<)

 

 

「仕入れし続けるのは金額的に大変だから、利益率の良いロングテール商品を扱いたい(`・ω・´)」

 

と、Aさんが言ってきたものだから

 

ちょうどいいな、ならば…と

 

 

Aさんに散々

 

「利益率がいいから、CDも見始めた方がいいよ」

 

と教えていたのに…

 

この結果だよ!!

 

 

いくら狙い目と言っても、一番近い人でさえ実行したがらないのがCDせどり。

 

色々面倒だからとスルーされるCDせどり。

 

だからこそ狙い目だと言えるのですが。

 

 

・高利益率

・ライバルがほとんどいない

 

 

今の時代、こんなアドバンテージの取れるジャンルはないと思うんですけどねぇ(´・ω・)

 

 

ただ

 

最近ちょっといいことに気がつきました。

 

 

(CDせどり、ちゃんとリサーチをすれば結構楽だな(`・ω・´))

 

 

 

以前メルマガでも書いた話ですけれども

 

この前僕が行った●●店、散々でしたよねぇw

 

 

見渡す限り、知らないアーティスト…。

 

 

店の傾向的に沢山美味しいCDが沢山あるのはわかっていたのですけれども

 

何も知らないから全部調べなくてはならず、時間をかけた割には仕入れた枚数が少なすぎます(´Д`)

 

 

もし、事前にアーティストのリサーチをしてしていたのなら…

 

相当な時間の短縮ができ、もっと沢山の枚数を仕入れられていたでしょう。

 

 

実際、リサーチをした後に行ったアニメイトでは

 

新品のみにも関わらず、CDをポンポン抜けましたからね。

 

 

ほぼ定価なので、薄利になってしまいますが

 

ちょっと寄ったついでの利益としては申し分ないです(`・ω・´)

 

これならソフマップも新しい選択肢に入りそうです。

 

 

実は僕がCDせどりのリサーチを始めたのは、とある商材を読んだことがきっかけでした。

 

普通、個別ジャンルの商材の内容って

 

 

「●●の棚の●●を探せ」

 

「●●コーナーが狙い目」

 

 

じゃないですか。

 

 

それがいきなり

 

 

「それでは、リサーチの方法を説明します」

 

 

 

(゚д゚)

 

 

 

え?アーティストは?ジャンルは??

 

軽くカルチャーショックを受けました。

 

 

 

でもね

 

 

この方法って、廃れないんですよね。

 

 

テクニックは知れ渡ってしまったら終わりですけれども

 

自分で調べて知識として身につければ、一生使えますから(´∀`)

 

 

ジャンルやキーワードから仕入れをしてしまうと、ダメな例を挙げてみましょう。

 

 

「おいしい」

 

 

と言われたジャンルで全然見つからない時ってありませんでした?

 

 

店によっては癖が全く異なってしまうため、一方で美味しいジャンルでも、もう一方では激辛の場合があります。

 

 

実際に僕がダメだったコーナーは「イージーリスニング」

 

棚の量が少ないし、比較的売れるよと言われていたCDコーナー。

 

これでもかってほど、カラカラでしたね。

 

まともに見つけた覚えがありませんw

 

 

というか、仕入れた中にクラシックが混じっていて酷い目にあったことさえあります(´Д`)

 

 

反面、リサーチさえしっかり行っていればどの店ども通用するのがとても強いです。

 

 

リサーチしていたら、散々だった●●もとても楽だったでしょうね(・∀・)

 

 

ちなみに

 

 

この商材は「CDメイン」のリサーチ方法ですので、ボヤっとではなく確実にCDに強くなります。

 

僕の場合は、ちょっと応用して

 

 

「アーティスト」だけではなく「アニメ「声優」関連からリサーチしていっただけですね。

 

実際にこの商材の何がすごかったかというと

 

 

「366ページと言う膨大な量」

 

 

 

ではなく

 

 

 

「量からくる丁寧な説明」

 

です(・∀・)

 

 

CDの大全集といったように

 

 

「ライナーノーツ」等の特別なキーワードが、写真付きで説明されています。

 

特にスリーブケース、デジパックの種類ごとの説明には驚きましたね。

 

 

僕も知らなかったキーワードがたくさんありまして

 

例えば「セル盤」

 

 

セル=セール

 

 

と解釈して(正規版か)と思っていたのですが…

 

 

実はセル盤…「サンプル品」だったのです(´Д`)

 

 

知らないと怖いですね~。

 

危うく仕入れてしまうところでしたよ。

 

 

更に更に

 

Amazon登録から自己出品、FBA出品、販売後のケアtec…

 

が、当然のように1から書いてあるどころか

 

 

「古物商の取得方法」「確定申告」についてまで載っています。

 

初心者さんはもちろんのこと、中級者さんでも間違いなく役に立ちます。

 

 

更に、決して飽和することがないCDせどりの手法なので

 

 

気になった方は覚えておいてくださいね~。

 

ちょっと長くなったので、続きは次回にしようかと思っています。

 

ではでは~(・∀・)

 

 

 

PS.

 

実はこの商材には

 

「メールサポート」

 

「電話サポート」

 

「スカイプサポート」

 

「全額返金保証」

 

が付いています。

 

 

 

 

 

 

これをあてにすると、モチベーションが上がらないまま実践せずに終わってしまう場合が多いため

 

あえて最後に、そして詳しくは書きませんでした。

 

頭の片隅に入れておく程度でお願いします(>_<)



ポチってくれると励みになります(・∀・)ノ
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


【メールマガジン】
yoshinaosama_top_mailmaga530*h600


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ