モノレートの落とし穴。価格競争も加味しないとすぐに赤字へ転落

「よしなおさん、最近は特にひどいですよ。初心者さんの価格競争が。」

 

 

 

「ほうほう」

 

 

 

「あっという間に1000円ぐらい下がってしまいます。勘弁して欲しいですよね」

 

 

 

「ところでSさん」

 

 

 

「はい?」

 

 

 

「当然1円レースには参加していませんよね?」

 

 

 

「あ…」

 

 

 

 

 

お分かりいただけだだろうか。

 

本人は全くその気ではなくても、自然と価格競争に加担しています。

 

 

 

「初心者ガー」

 

「自動価格改定ツールガー」

 

 

 

僕から見れば一緒ですよ(^_^;)

 

 

 

×初心者さん

○相場を分かっていない人

 

 

 

相場をわかっている人は、価格設定をしてしばらく放置しています。

 

 

ランキングやその場の利益だけを見ている人は、勝手に価格競争を始めてしまいますよね。

 

 

相場をわかっている人にとっては

「ふ~ん、勝手に価格競争して出品者減らしてね」

と寝かすだけの話なんですガナー

 

 

 

これなんかひどい

WS000001

 

これ、1円レースで一気に値段が下がったんですよ?

僕も出品していたのでわかります。

 

 

1日であっという間に値下がっていく恐ろしさが…((((;゚Д゚))))

 

 

 

もはや相場が戻る気がしません。

僕がワゴン商品を敬遠するのは、モノによっては原価割れを起こしてしまうからです。

 

 

自動ツールが出回るのは、いいことだらけではないのですよ。

 

 

 

 

けれども、物によっては相場が戻ります。

僕が何度も話していた「偽物語」のDVDですが…

WS000002

ソフマップのワゴンにありました。

 

 

当然相場が下がることはわかっていましたが、この商品は過去何度も相場が戻ったことがあるので

 

確信を持って10本近く購入。

 

 

 

あっという間に2000円まで落ちてしまいましたね。

正直何故そこまでして売り抜けたいか気持ちがわかりません。

 

 

 

1円安くしたところで売れるわけではないのに。

数円、数十円差なんて、購入者さんは気にしていませんよ?

 

 

新品商品での「カート」は別格ですが

 

 

「評価」「出品コメント」

 

これらが総合して良い場合は、多少高くても売れます。

 

 

 

同じ新品商品でも、200円ぐらい高くても売れることがありますよ。

 

 

 

しかもこれ、仕入れ1980円なんですよ(´・ω・)?

 

 

 

僕は悠々と寝かせて、2ヶ月半ほどで相場が戻り販売。

 

薄利ですが3480円で新品全て売れました。

 

 

 

 

また、実用品として価値があるものならば相場は安定してきます。

WS000003

 

こちらのDVDドライブはメーカー人気、好レビュー、需要が高い。

相場が下がっても戻ると考え、かき集めました。

 

 

3980円未満では売らないことにしましたね。

 

 

何度も3500円を切りましたが、ここは我慢。

500円の差でも個数を持っているのでバカにはなりません。

 

 

3ヶ月ほど寝かした時期もありましたが、今まで11個販売し4個残っています。

 

 

 

 

出品者が増えれば、価格競争が起こるのは自然なことです。

 

改定回数が多い人が多いほど、あっという間に相場が下がってしまいます。

 

 

 

けれども、相場が安定している商品ならば恐れずに仕入れることができますし

 

逆に相場が怪しい商品は価格差があってもスルーする手段を取ることができます。

 

 

 

特によく1円レースをしている出品者は覚えておきましょう。

彼らがワゴン商品に手を出すと…、その商品は触らない方が良いかもしれません。

 

 

 

僕の場合、何人か出品者に目を付け

 

 

「どの商品が出回り始めているか」

 

「どこの地域で売り出されているのか」

 

 

を確認する目安としています。

 

この方法は思った以上に有用なので、是非試してくださいね(・∀・)

 

 

 

 

PS.

「相場を下げないよう気をつけます!!」

 

以前Aさんから頂いたメッセージ。

 

 

彼は自分のアカウントの評価が少なくて、売れづらいことを知っていたからやったことなのですが…

 

 

 

 

僕より120円下げて出品していました。

 

 

 

ぶっちゃけこれ、ダメ

 

 

 

「相場を下げない」事を第1とするなら「必ず」金額を合わせなければなりません。

 

 

 

「自分だけ」と思う人が多いほど、相場はガンガン下がってきます。

 

 

 

それこそ早く売りたいのなら、ガッツリ値下げしなければ意味がありませんよ?

そうでなければ値段を合わせて順番待ちで耐えましょう。

 

 

【モノレートを活用した方法についてはこちら】

 

 

回転率に関する記事↓

皆が勘違いしている利益率と回転率のバランス

せどりはしっかり粗利計算をしないとパンクするよ?

 

 

モノレートの詳しい使い方は、pdfにまとめてあります。

メルマガに登録すると自動的に渡す形になっているので、登録してください~。



ポチってくれると励みになります(・∀・)ノ
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


【メールマガジン】
yoshinaosama_top_mailmaga530*h600


3 Responses to “モノレートの落とし穴。価格競争も加味しないとすぐに赤字へ転落”

  1. tamura より:

    こんにちは

    よしなおさんは価格改定は
    どうやっていますか?

    • yoshinao より:

      tamuraさんこんにちは~。

      僕は手動で価格改定を行っていますよ。
      大体2週間に1回のペースですね。

      1980円等キリの良い数字で放置しています。

      僕は価格改定ツールを使っていないので、1円レースが行われている商品は仕入れていませんね。
      どうせすぐ価格が下がってしまうし…。

      相場が回復しそうな商品は寝かせて値段を放置していますけれども。

      ただし、在庫数が多い商品に関しては、出品者をカートに入れて在庫数を把握。
      危ないと感じたら即価格改定をしています。

  2. tamura より:

    こんにちはー
    返事遅れてごめんなさいw

    かなりの量を手動で価格改定してるなんて根気がいりそうですね。

    大変参考になりました、
    よしなおさんのブログ面白いし、すごく参考になって、めちゃくちゃありがたいです。

    これからもブログがんばってください。

    応援してます(^○^)/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ