皆が勘違いしている利益率と回転率のバランス

 

「Uさん、回転率を気にしていますか?」

 

 

 

「僕はそこまで気にしていませんね」

 

 

 

(あれ?昔は回転命と言っていたのに…?(´△`))

 

 

 

巷では「とにかく回転が重要」と言われていますが

 

昔から僕は重要性が全くわかりませんでした。

僕自身が

「そのうち売れるモノなら、回転なんて関係なくない?」

と思っていたもので(´ω`)

 

 

 

しかし、じっくり話を聞いてみると…

 

 

「結局回転が重要っていうのは、資金繰りに失敗してしまう人が多いからで

資金ができるまで言い続けているだけです」

 

 

 

お、安心した(・∀・)

別に僕の考えが間違っていたわけじゃなかったんだな。

 

 

 

「僕もそうですね」

 

 

 

「私も~」

 

 

 

うんうん、やっぱり稼いでいる人の思考は同じもんなんだな。

 

結局「回転」「回転」言っているのは

初心者さんは「利幅」ばかりに目がいってしまい、全く売れない商品を仕入れて資金が回らくなってしまうことが

 

稼げないせどらーの原因として多いからです。

 

だからこそ、まずは資金繰りを良くさせて実際にお金が増える感覚を掴んで欲しいため

「回転は重要」と言っているわけでした(`・ω・´)

 

 

実際にお金がある人は、回転をそこまで気にしなくてもイインデスヨ?

回収は遅くなりますが、必ず増えて戻ってきますから。

 

 

 

でも、ちょっと待ってください!!

 

 

僕は色々な人を見てきたから言えるのですが

 

「回転率」について勘違いしていませんか!?

 

 

 

 

最近はとんでもない罠が待ち構えています(^^;)

 

 

 

『回転率=ランキング』

 

 

 

これは、本当に古い考え方なのです。

今は出品者も増え、価格競争も過去最大と言っていいほど行われています。

 

 

いくらランキングが高かろうとも、売れない商品は沢山あります。

 

 

 

家電を扱っている人の多くが「回転がいい」と言っていますが、それは本当ですか?

 

確かにランキングが高い商品ですが、僕から見て全然動きが悪いんですよね。

 

 

 

罠その1

「出品者数」

 

 

毎日売れている商品でも、出品者が10人いればそれだけ自分の商品が売れなくなります。

最近は多いんですよ、値段を競りあっている人が10人とか普通に見ます(´Д` )

 

 

アカウントを見ていると、2000円の仕入れで500円の利益を取っている人をたくさん見ています。

 

しかも5個や10個といった単位で。

 

 

・競り合っている人が10人

・商品の利益が500円

・仕入れ価格が2000円

 

 

いつ黒字に転換するかお分かりですか?

数ヵ月後とか余裕でありますよ!!

 

 

 

罠その2

「価格改定ツール」

 

更に拍車をかけるのが、自動の価格改定。

今のツールって、オフラインでも勝手に値段を下げてくれる優れものなんです(^O^)

 

 

しかし逆に、見えてない場所でドンドン値段が下がっていくわけですよね?

 

下手すれば赤字。

それに気づかないことも多い。

 

 

赤字でなくとも、薄利在庫が残っていたら資金繰りが大変になる。

 

このご時勢だからこそ起きる、新しい資金繰りの罠だと言えるでしょう。

 

 

 

 

回転を意識していると言っていても、実は意識できていない人が沢山います。

 

 

面倒でも、最初は手で価格改定をすることをオススメします。

毎日価格を下げている商品を見れば

「この商品、ダメじゃないの?」

 

 

気づくことができるでしょう。

 

 

回転率に関する関連記事↓

せどりはしっかり粗利計算をしないとパンクするよ?

注意!!モノレートがギザギザでランキングが良くても回転が悪い商品はたくさんあります

 

 

PS.

逆に

最初から「利益率」の話をする人もいますが

 

実は全く意味がありません。

 

 

利益率は在庫数をたくさん持っている人が調整できるものであり

 

在庫数が少ない人にとって数字に落とし込む意味がないからです。

 

 

「売上1万円で利益率が30%」

 

「売上10万円で利益率が10%」

 

 

利益率を上げる意味!!

どちらなら効果抜群か一目瞭然でしょう。

 



ポチってくれると励みになります(・∀・)ノ
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


【メールマガジン】
yoshinaosama_top_mailmaga530*h600


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ