自分では意識していなくても「できなくて当たり前」と思っている思考がヤバイ

「円盤をもらったけど、聴き方がわからないの。教えてくれる?」

 

母親からの質問である( ̄^ ̄)

 

 

なんだ、BDか?

そんなものBDレコーダーに入れりゃいいでしょ。

 

 

「じゃあそれを持ってきて」

 

 

 

 

登場したのが「CD-R」

 

 

今更!?(;´д`)

 

 

 

「…黒いラジカセあったでしょ。上の蓋を開けて再生するだけだから…。」

 

 

呆れるどころか、もう情けなくて(´д`)

うちの両親はどちらも、一切調べようとしません。

 

 

ビデオの予約とか、FAXとか、電話機やエアコンでよく質問されるのですが

 

 

「まずは自分で調べてから質問してね

 

 

「最近の機種は難しくて、年寄りには無理なんだよ」

 

 

いやいや、理由になってないし!!

 

確かに説明書は分厚いけど

FAXの印刷の仕方なんて、4ページぐらいしかないでしょ。

 

 

何で自分でやってみてから質問しないかね(´д`)

 

 

高齢の人でもCDぐらいは聞けるし。

 

「わからない」は理由になりません。

 

 

今回もCD-Rって

何年前に出来たメディアだと思っているの?

 

 

これが思考停止以外の何なんでしょう。

 

 

うちの母親は「ボケないように」と英語の文法を覚えていますが

 

 

とにかく酷い。

文章を音読するだけで、文法が全く頭に入っていません。

 

 

「I am go school」

 

 

中学生でもそんな間違いしないぞ(´д`)

 

 

朗読するだけじゃ頭を使っているうちに入らないよ。

 

 

「読むだけで勉強した気分」

 

 

典型的な勉強ができない人ですよね。

 

 

更に

 

 

「まずは自分で調べてから質問して」

とか文句を言うと

「ちょっと聞いただけなのに」

とスネてしまいます( ̄^ ̄)

 

 

忠告も聞かないし、自分では一切調べず人のせいばかりにしている。

そのくせテレビや新聞だけは盲信してしまう。

 

 

完全な情弱ですね。

こんな人は騙されたって自業自得です。

 

 

結局、ちょっと作業をしただけで満足をしてしまう人、諦める人が多いです。

 

Google検索にしても、上手く調べられる人とそうでない人がいます。

 

 

前者は「何が知りたいか」を明確にし「それに必要な単語を組み合わせる」

 

後者は「知りたい内容だけ入力し、片っ端からサイトへ飛ぶ」

 

 

 

「シャンプー シリコン 弊害」

 

 

「悪いシャンプー」

 

 

では、検索にかかる時間と成果は全く変わってしまいますよね。

 

検索でさえ頭を使っていますよ。

 

 

色々な人に合って分かってきたのですが

「出来る人」って、どこでも何でも頭を使っています。

 

本や映画を読んでも「面白い」だけでは終わらない。

どこが面白かったのか、何故楽しめたのか、そもそも見ようと思ったキッカケは?

 

自問自答しまくりです(。-∀-)

 

 

これが街を走るバイクであっても

 

電車の中の隣の人の話であっても

 

 

「何故?」

 

「どうして?」

 

「どのようにしたら?」

 

と、考えているのです。

 

 

成果が出ない人ほど

 

「頭を使わずに」

「行動せず」

「人のせいにして」

 

 

文句を行っている人が多いです。

 

こんな人になってしまったら、何をしても成功しませんよ。

 

 

 

僕が絶対に発しないよう気をつけている言葉は

 

 

「どうせ」「だけど」「でも」

 

 

言い訳した方が楽ですよね。

自分が悪くないと思いたいですから。

 

 

けれど、起こる問題の90%は自分の責任です。

自分が甘かったため起こってしまった問題です。

 

 

ほぼ自分の問題だったら

最初から言い訳せずに、解決策を考えた方が有意義でしょう。

 

 

言い訳、格好悪いじゃん。



ポチってくれると励みになります(・∀・)ノ
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


【メールマガジン】
yoshinaosama_top_mailmaga530*h600


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ