就活は数々失敗し、やっとインターンにこぎついたのに首を宣言された瞬間

豆腐メンタルの僕は、人生で何度も何度も何度も死にたくなった事があります。

 

 

覚えているだけで4回ほどありますね。

もし僕に自殺する勇気があったら、死んでいたと思います。

 

 

本当に、ビビリでよかった。

 

 

最近は生活環境がとてもいいため、酷く落ち込む事はなくなりましたね〜(・∀・)

 

 

なに、最近振られた事?

 

おい、やめろ。

 

 

 

 

 

 

…オホン

 

 

一番最近でヘコんだ事と言えば…

 

「インターンを切られた」時でしょうか。

 

 

 

【3年ほど前】

仕事上のミス(意思疎通の失敗)が発覚して数時間後。

プロジェクトリーダーに呼び出されてみたら、部屋には他に数名の人も。

 

 

(どうしよう…)

 

 

とビクビクしていたら

 

 

「別にいじめようとしている訳じゃないから安心して。今作成しているページについて教えてくれる?」

 

と、プロジェクトリーダーからの優しい一言。

これでホッとしてしまった自分が情けない。

 

元気よく、今作っているページについて説明してましたっけ(´・_・`)

 

 

 

…一時間後

 

 

 

もう一度呼ばれて、部屋に入ったら、各プロジェクトリーダーと経理の人が座っています。

さっきまで笑っていた人たちが、真面目な顔で。

 

 

 

一瞬で察しました。

 

 

 

「ああ、終わったんだな」

と。

 

 

この時は至って冷静で、しっかり覚えています。

 

 

「夜遅くまで頑張っていたのは知っています。」

 

とか

 

「残念ですが、弊社が求めるスキルが及ばなかったため、本日を持ってインターンを終了とします。」

 

 

と、ありきたりの事を言われました。

 

自分でも不思議で、この時は全くガッカリしていなかったのです。

 

 

「やっと解放された」

 

「明日からまた、就活しなきゃなぁ」

 

 

逆に安心していたのかもしれません。

 

もう毎日精神をすり減らさなくても良くなったのだと。

PC張り付いていて頭痛に悩まされることも、急にめまいのする事がなくなるのだと。

 

 

途中で帰るのも目立ってしまうので

 

定時まで作業をしているフリをして

 

「今日は早く帰るよ」

 

と同期に行ってエレベーターへ。

 

 

でも

 

 

一人に捕まっちゃいましたね。

出るギリギリに「今までお世話になりました」とスタッフ全員にメールを送ったのを

たまたま開いてしまったみたいです。

 

 

「え、どうして!?」

 

 

「あんなに頑張っていたのに!!」

 

 

 

K君さようなら。

僕は君と違って要領が良くないから、仕方がないんだよ(´・_・`)

 

 

 

「シー」

 

 

 

「機会があれば、またね」

 

 

 

 

 

帰りの電車は、ぼーっとしていました。

 

 

近いうちに就職課に行かなくちゃなぁ

 

とか

 

またスロットでも打つかな

 

etc…

 

 

 

ボーッとしながら帰宅すると、両親から一言をもらいます。

 

「あら、今日は随分早かったのね」

 

 

僕は出来るだけ何も考えずに答えます。

 

 

「インターンで切られたから。明日から弁当作ってくれなくていいよ」

 

 

放っておいてくれればいいのに

 

 

「そんな…、あれだけ頑張っていたのに」

 

 

頼むからもう何も言わないでください

 

 

「残念だったね…」

 

 

この一言で、今まで考えずにいた思いがドーッと溢れてきました。

ああ、もうダメだったんだな。

やっぱり努力とか無意味なんだ。

 

 

号泣。

 

 

昔っからそうでした。

親には「努力は必ず報われる」と言われ続けてきて

 

要領が悪いなりにも努力を続けてきて

成果が出たことは1度もありません。

 

 

中学では、テニスの練習を1日以外全て出て

自主練も全て出て、土日の社交テニスにも参加。

 

 

散々練習を重ねてきて、一ヶ月練習をサボっていた友人と試合をする機会がありました。

(さすがにこれだけやっていれば勝てるだろう)

 

 

と思っていたものの、絵に描いたような惨敗です。

 

 

昔っからこんなもんです。

人一倍努力をして、やっと凡人程度なんです。

 

 

努力をすれば何とかなる。

そう思って続けた最後の砦が「インターン切り」

何で今まで生きてきたのかと思いましたよ。

 

 

号泣した後の事は全然覚えていません。

数日間何をしたかも覚えていません。

 

 

数日間、一切話題をふらなかった両親には感謝しています。

 

 

 

この後は本当に酷かった。

 

「就職しないと死ぬ」と完全に刷り込まれていたため

 

とにかくあちこち駆け回りました。

 

 

 

 

12月半ばでは、今まで通っていた書類選考ですら弾かれるようになっています。

 

 

体調はずっと悪いし、就職活動は一向に進みません。

結局社会に絶望して、スロットで稼ぐ方へ戻ってしまいました。

 

 

でも、そのまま就職活動を続けて、絶望して自殺しなくて本当に良かったです。

 

 

今の僕は、充実した毎日を送る事ができているからです。

人間、頑張ればなんとかなる物ですね。

 

 

自分の好きな事、得意な事を見つけて

自分の出来ない事は他の人に依頼して

 

 

それだけで上手くいってしまう。

 

どれだけ洗脳されてきたか思い知りましたよ。

こんなに自由な生活をするのが簡単な事だったなんて。

 

 

就職しなかったら負けとかありません。

 

 

フリーターだって、ニートだって

いくらでも自分で稼いで生活する事は出来ます。

 

 

ビジネスに年齢も関係ありません。

僕は体力勝負な事は行っていません。

 

 

早く動かなければ損です。

早く動けば動くほど、自由な生活が早く手に入るのですから。



ポチってくれると励みになります(・∀・)ノ
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


【メールマガジン】
yoshinaosama_top_mailmaga530*h600


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ