本当に行かなければ良かった蚤の市

twitterのタイムラインを流し読みしていると、明らかなbotが。

 

 

プロフィール:AKB大好きの女の子ですぅ。仲良くしたいですぅ。きゃぴ

 

 

 

嘘をつけ!!

botにしても出典がほぼ2ちゃんねる。

しかも有名どころばかりで誰もリツイートしないときた。

 

 

フォロワーが3万人いて、5分ごとに呟いてほぼリツイートなし?

 

んでたまに出会い系サイトのURLを張ると。

 

 

流石にうまくいっていないよなぁ…、と思いきや

男は馬鹿なので、そうとも言えないところがモヤモヤします(´ω`)

 

 

 

おっと、話が反れてしまいましたが、前回の続きですね。

群馬県へ前日入りをして、蚤の市会場で朝6時から並んできました!!

 

 

 

とはいっても、もちろん楽なものではありません(´・_・`)

 

 

ホテルからは遠いので、タクシーを拾ってから行くか!!

と思いきや

 

駅前のタクシー乗り場、朝はタクシー停まっていないのですね…。

 

 

地図を見てたどり着ける気がしません。

下手に1本道を反れるだけで、とんでもない場所へ行ってしまいます(;´д`)

 

 

しかし

「運良く」20分程度で

まったく交通量がない中にタクシーを捕まえられたおかげで

 

 

なんとか6時前には到着!!

 

 

しかし、真っ暗で何も見えませぬ(´Д` )

 

 

今回のパートナーのSさんは?

うん、連絡がつかないね。確か車だと言っていたなぁ。

 

 

群馬の最高気温が16C。

 

なんだ

東京都そこまで変わらないんだね~。

 

 

とか思っていたら

 

 

 

((((;゚Д゚))))

 

 

さみーよ!!

しかも尋常じゃなく。

 

 

最高気温が問題じゃない。

最低気温を調べるべきだった!!

 

 

どれだけ寒いかっていうと

止まっていると凍えてしまうぐらい。

 

 

「ずっと立っているのは辛いので、折り畳み椅子を持っていった方がいいですよ」

 

と、前回参加者の方からアドバイスを頂いていたので、軽くて持ち運びが楽なものを用意したのですが

 

 

「座らぬ」

 

 

寒すぎて座れないよw

歩き回っていてもブルブル震えるもの。

 

 

折り畳み椅子は、9時半まで活躍の場はありませんでした。

 

 

しかし

 

 

中国人が多いとは聞いていましたが

せどらーも思った以上にいますね。

 

 

大体10歩進むと見たことがある顔があるんじゃないかな。

 

 

そして、大手はやっぱり目立ちます。

 

 

グループで作戦会議をしていたり

カートを自前で用意していたり

 

 

何人雇っているのでしょうね。

かなりのやる気が感じられますな(`・ω・´)

 

 

僕もバイトを仕入1会計3雇っていましたけれども

特に作戦など考えていませんでした。

 

 

「僕と仕入の人が籠を埋めたら、会計係に回す」

 

 

これだけw

 

聞いた話だとこれだけでも十分いけるらしいので

会計は全部任せられるように、友人に高い金を払って来てもらっているんですよ~w

 

 

とにかくこの並びは

 

 

「辛い」

 

 

知り合いとずっと話していたけれども、それ以上に寒すぎぃ…。

 

地面が冷えているおかげで足が恐ろしく冷たい。

 

こりゃあ、霜焼けになること間違いなしですね←本当になりました

 

 

4時間待ちは予想以上に辛かったです(´・ω・`)

 

 

8時頃になると日が差してきたので少し暖かくなり、相当楽になりましたよ。

本当にグンマーを舐めてかかりましたw

 

 

9時半頃になって、やっと出てきた戦意(`・ω・´)

 

 

直前でわかったことですが、実は僕の前後もせどらー。

入場前にkdc200をぶら下げて

「あんたもか~!!」

 

といった感じです。

 

僕は「ビームを使ったら羽交い絞めにされた」話を聞いていたので、持ってきませんでした><

 

家電の目利きはそこそこ出来るつもりだけれども、いざ戦うとなったら心もとないなぁ…。

 

 

よし、入場するか!!

 

 

【関連記事】今日は前のり。明日はいよいよ蚤の市!!

【関連記事】初参戦の群馬蚤の市。あまりの酷さにファッキン



ポチってくれると励みになります(・∀・)ノ
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


【メールマガジン】
yoshinaosama_top_mailmaga530*h600


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ