稼げない人が多いのは、お金に対して誤った認識をもっているからです

「お金持ちは悪いことをしてる」

あなたは、こんなイメージを持っていませんか?

 

「あれだけ急に稼ぎ出したのだから、何か悪いことをしている」

「お金のために、人を酷い扱いしているのだろう」

 

 

恥ずかしながら、以前の僕はそう思っていました(>_<)

 

当然、あくどい商売をしているお金持ちもいますが

真っ当な商売をしている人達は沢山います。

 

何故この認識を持っているのかというと…

 

「お金を稼ぐ」=「悪」

という風潮があるからです。

 

しかし、その考え方は

世間がお金に対する認識を間違っているにすぎません。

 

僕たちは、お金に対する間違った価値観を植えつけられています。

 

どれだけ間違っているのかというと

こちらの本を読んで頂ければ分かると思いますよ↓

【20代のうちに知っておきたいお金のルール38】

 

 

 

例えばこんな話が載っています↓

 

「お金の話を最初に持ちかけるのはNG」

 

ではありません!!

 

さあ、新しい人と仕事を始めることになりました!!

最初に契約の話をしたいのだけれど、いきなりお金の話をするのは印象が悪いよなぁ。

 

実際に僕も、最初からお金の話をするのは躊躇してしまいます(´Д`)

 

(ガメツイ奴だと思われはしないか)

(先に仲良くなるのが先決ではないか)

 

色々考えてしまいますよね。

 

しかし、だからといってお金の話を先延ばしすると

 

お金の話を最後に持ってくる=相手を操作できると思っている=相手を舐めている

 

お金の話を先延ばしする方が、相手にとって失礼です。

しかもこの場合、お互いに思っていたことと差異が生じてしまうため

修正にも余計な時間を使ってしまいます。

お金の話を最後に持ってくることがNG。

 

「相手の時間を奪ってしまう」

上に

「相手を舐めている」

ことに他なりません。

 

 

『高くても、実績のある師匠から教わる』

こちらは、何度か人から教わった人ならわかるでしょう。

 

多くの人は、出来るだけ安い人から習おうとしますが…

格安のできない師匠から教わるよりも

 

高い出来る師匠から教わった方が遥かに効率が良い。

 

数千円の教え方が悪い人から1週間学ぶよりも

 

数万円の教え方が上手い人から1日教わる方が、遥かに効率が良いです。

最初は数万円の差がつきますが、日数にすれば6日丸々の猶予ができます。

6日あれば、バイトをしてでも数万円稼ぐのは余裕ですよね?

時間は、お金で買えるのです。

 

受験の時に、安いからと教え方が下手な家庭教師をつける人はいませんよね。

なるほどなぁ、と思ったのが

 

『税理士や会計士に大富豪が少ない理由を、ちゃんと考える』

 

節税についてあれこれ考えて労力を費やすよりも

 

本業に一点集中して稼ぎを増やした方が、お金持ちになりやすいです。

 

節税って、結局は「どれだけグレーゾーンを探索するか」ですから。

危険を冒して節税したところで、果たして有効な手段なのでしょうか。

 

むしろ、その節税にかける時間を本業に費やした方が

 

結果的に残るお金が増えた…ということが多いです。

しかも、節税と違って本業にかけた時間は無駄にはなりません。

 

利益を増やす=コンテンツを増やす

 

その場限りのオファーでない限り、後々有効なものとして残りますもの。

 

この本を読むことで、今までの「お金」に関する間違った認識を

 

正しい認識へと変えることができます。

 

お金持ちは「悪」という風習はやめましょう!!

 

やるべくことをして、やった人だけがお金持ちになれるのです(`・ω・´)

 

立ち読みでもチラッと見てもらえれば

この本の良さがわかってもらえると思いますよ↓

【20代のうちに知っておきたいお金のルール38】

 

 

PS.

 

ネットビジネスで大きく稼げる人が多いのは

こういった「間違った認識、手段をとらない」人が多いからです。

 

常識だから効率が良いわけではありませんし

常識だから正しいとは限りません。

 

そもそも常識というのは、多数決によって作られたものです。

さて、「成功者」「一般人」の割合を考えてどちらが当てはまるかというと…

あとはわかりますよね(・∀・)



ポチってくれると励みになります(・∀・)ノ
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


【メールマガジン】
yoshinaosama_top_mailmaga530*h600


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ