パチスロの経験で「時間効率」という概念が確立。期待値が高ければいいわけではありません

僕がたま~に、パチスロから学んだ考え方とかお話してきましたが

それが全て正解というわけではないんですよね。

 

 

むしろ正解かどうかわかりません。

 

 

以前吉宗の96Gやめ推奨の記事を書きましたが

僕は細かい計算ができなかったので、もしかしたら192Gやめの方が期待値は高かったかもしれないんですよ。

 

 

連チャンモードへの移行率が悪いが、行ったら期待値が跳ね上がったのかもしれません。

 

しっかり検証されると

「なんだ、192Gやめの方が期待値高いじゃん」

 

 

という結果が出る場合もあります。

しかし、何も考えずに96Gやめを推奨したわけではないのです。

 

 

192Gやめ、ものすごく時間がかかるんですよね。

 

 

たとえ96Gやめよりも192Gやめの方が期待値が高かったとしても

 

連チャンして減ることはあります。

下手に深い場所でループすると、相当時間が食われてしまいます。

 

 

当時は他にも美味しい台があったので、1台1台に時間をかけてしまうことは

トータルの稼ぎを減らしてしまうことになってしまいました。

 

特に僕がやっていた吉宗のリセット狙い、20台近くありましたから。

 

それこそ1台に30分かけてしまうと、他の人にどんどん回されてしまいます。

 

 

2000円を取りきるよりは、1000円を多く取れる台を数多く回すことを考えていたので

僕は当時96Gやめを推奨していました。

 

 

極端な例を出せば、ニュー島唄ですね。

期待値自体は他の機種に比べて高かったです。

 

しかし、消化にものすごく時間がかかりました。

 

 

初当たりも決して良くはないし、そこから連チャンさせなければなりません。

あの単発だった時の悔しさといったら(´д`)

 

 

期待値最大を取ろうとすると、信じられないぐらい時間がかかります。

昔、期待値を最大に取ろうとした結果…1度7000ゲーム回させられたことがありましたw

 

いくら1個1個の期待値が高くても、時間効率的には良くなかったわけです。

 

 

なので、臨機応変な立ち回りをしている人が強いんですよね。

 

結局雑誌の話を鵜呑みにしている人って、テンプレの行動しか取れなかったので

ちょっとした抜け穴とかアドバンテージを取れる箇所に入ってきませんでした。

 

 

それが僕たちの稼げた強みであったんですけれども。

 

 

僕は今、せどりで結構稼げていますが

最初以外、テンプレート的な行動は一切とっていないわけです。

 

何かもっといい方法がないのか?

と常に考え続けた結果、実績がどんどん上がっているわけですね。

 

 

何かに頼ってしまうと、最大でもその頼った人、モノまでの結果しか出せないので

基礎さえ作ってしまったのであれば、ドンドン自分なりに応用することを僕は推奨します。

 

 

まあ、その「頼ったモノの結果まで行ければいい!」という考えならば何も言いませんが

 

「頼ったものが誇張で間違ったものだとしたら…?」

だけはしっかり考えるべきです。

 

 

【関連記事】早く動いた者勝ち。パチスロのキズネタから学んだ即行動の重要性

【関連記事】にちゃんねるのパチスロ板で晒されますた

【関連記事】パチスロからせどりへ転向した人が現役スロプロに話を聞いてみると…?

【関連記事】4号機吉宗をボーナス後64ゲームやめで勝ち続けた立ち回り

【関連記事】スロット引き弱のおかげで構築された立ち回り。3年ぶりに再開したら5万飛ぶかねぇ



ポチってくれると励みになります(・∀・)ノ
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


【メールマガジン】
yoshinaosama_top_mailmaga530*h600


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ