目利き力をつけても時給はそこまで上がらない。大切なのは色々な視点から物事を考えること

ちょっと自慢。

 

 

せどりを始めて、もう2年半近くになります。

 

最近ではブックオフで鉄板リピート商品を数多く持つことができ

ブックオフ以外でもamashowを見ずとも目利きで抜けるものが増えました。

 

 

さあ、これで仕入れはかなり楽になるぞ~!!

 

 

と、思えば

 

 

「あまり役に立っていない」

です( ̄ー ̄)

 

 

あくまで今の僕の稼ぎからの感想です。

 

 

あ、今日の話は初心者さん向けではないですね。

ある程度稼げている人向けです。

 

 

 

悲しいかな~。

 

目利き力をつければ店の滞在時間が減るので

1回1回の仕入れの時間効率が上がるかと思いきや

 

劇的に稼げるようにはならないし

この目利き力を使うためにお店からお店への移動時間もバカにはなりません。

 

 

確かに時間効率が上がったのですが

 

「だからどうした」

 

 

っていう。

 

 

目利き力があった時とない時で、月収にどれだけ影響を及ぼしたかといえば

10万ぐらいはあるとしても、20万円は怪しい。

 

30万円の差はまず付いていないでしょう。

 

いくら目利き力を付けたところで

ヤマダ全盛期の「店行って買えるだけ買う」方が余裕で稼げて時間効率がよかったですからね。

 

 

同じ20万稼ぐとしても

目利きなしで、お店との交渉で1発20万稼ぐ人だっています。

 

 

例えば…ではなく、知り合いにいます。

 

 

目利き力をつけるのは

せどらーとしては正解、ビジネスとしては失敗。

 

 

ビジネスからしたら、効率よく稼いだもの勝ちですからね。

 

 

僕は、職人目指すのもいいと思っていますよ。

僕も昔は職人を目指していました。

 

目利きで仕入れ、楽しいじゃん。

 

 

店へ行ってポンポン仕入れて、今日の仕事終わり!!

これを週何回かやればご飯が食べられる。

 

 

 

楽だねぇ~。

 

 

 

が、やはり上限があります。

 

効率が良いからといって、その効率をフル活用できるとは限りません。

 

 

そのお店を焼け野原にしたら、別のお店にも行かなければならない。

 

別のお店が焼け野原であれば、また別のお店…。

あくまで残っていることが条件となります。

 

 

移動時間…計算してみるとバカにならないんですよ。

職人になったからって、そこまで時間効率よく稼げないんですよね。

 

 

人間国宝とか「伝統工芸の人」はとんでもない稼ぎがありますが

それは「付加価値」が付けられているからです。

 

 

何百年、何代と伝えられたその技術…ブランド…僕はよくわかりませんが

何かすごいものが付いているらしい(゚д゚)

 

 

僕たちがやっていることは「売れる市場」に出す程度なので、大した付加価値は付いていないのです。

 

 

同じように職人として「熟練した配管工」の人は、人の何倍も稼ぐことが出来るのでしょうか。

おそらく、難しいでしょう。

 

マリオぐらいになれば話が変わりますが、あれは全く違った付加価値が付いていますよねw

 

あくまで「技術」を極めるだけでは、思った以上に「人との差」がついておらず「付加価値」をつけることができないのです。

 

 

でもよしなおはできてないじゃないか~って、言われるかもしれませんが

そうです、僕はまだまだですよ。

 

それでも

僕の周りで僕より後発で、自分なりに工夫して僕より稼ぎ始めた人は沢山います。

 

 

僕もそれを見て、何かしらの工夫ができないかは試行錯誤しています。

出来ている人がいるので、できないわけがありませんよね。

 

 

既に「ある程度の稼ぎが出来た人」

 

それどころか「稼ぐ確信を持てた人」は、自分の出来る限りの新しい方法

別のアポローチ方法を試してみるとメチャクチャ稼げるかもしれません。

 

 

目利きで1日40万稼ぐ人とかいますけれども

中学からせどりをやっていますとか、せどりにかけた年数、時間がとにかく桁違いです。

 

 

そこまで時間をかけることは到底できないと思うので

目利き力をつけるのは、安定して稼げるようになるまでの土台、と考えておきましょう。

 

僕は、今まで稼いできたプライドがあるのでこの言葉を言うのは悔しいのですが

 

「所詮肉体労働」

 

これまた真理です。



ポチってくれると励みになります(・∀・)ノ
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


【メールマガジン】
yoshinaosama_top_mailmaga530*h600


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ