プロモーターズセカンドチャンス

はい、教材紹介見送り。

稽古浸けで余裕の死亡遊戯です。

舞台が終わるまでちょっと待ってください(´д`)

 

 

席がガラガラとか流石に悔しいので、ちょっと舞台について書きたいと思います。

 

 

 

【殺伐とした業界】

芸能界って、かなりドロドロなイメージがありませんか?

 

僕の場合、個人の能力が必要とされる業界は

「周りが敵」「勝ち残ることが全て」

というイメージを持っていました。

 

「自分のやりたいことで食っていきたい」

誰もが思うことなので、当然ライバルが多いです。

 

だからこそ、ネガティブイメージを持っていたのですが

「演劇」という業界は…真逆でした。

 

 

昔からの夢?有名になりたいから??

 

 

いいえ。「良い作品」を作ることを第1の目標とする人ばかりだったのです。

 

「人を感動させたい」という言葉は、綺麗事だけの言葉だと思っていましたが

この言葉を本気で言う人しかいなくてビックリしてしまいました。

 

目を疑ってしまうぐらい、作品作りに協力的なのです。

 

冷静に考えて、はじめましてこんにちはの状態でド素人の僕を捕まえて

 

「演劇とはどういうものか」

「どうすれば上達できるか」

 

と練習後に3時間もかけて教えてくれる人がいますか?

 

自分の今後に関係ないのであれば、一切触れないのが普通だと思います。

まだやると決まっていない手品のグッズを2万円分買っていたりと

「自腹!?正気か!!」と思ってしまうぐらい作品作りに対しての熱が高い。

 

芸能関係って実は暖かい業界!?と一瞬思ってしまいましたが

実際に声優業界の場合、キッカリ自分の仕事をやってあとは関係ない…といった感じだそうです。

 

そんな僕たちが作っている演劇の舞台公演が、あと2日まで迫ってきました。

 

自分が関わった作品なので、少し余計に評価してしまうと思いますけれども

これだけ素晴らしい人々に囲まれて死ぬ気で稽古してきたので自身を持って言い張れます。

楽しめる内容に出来上がっているので、是非来てください!!

http://ticket.corich.jp/apply/59633/027/

 

 

【更に】

今回に限り特別な特典があります。

 

僕作成ではありませんが、運営に当たった「江藤誠哉」さんが

 

・俳優の方と一緒に演技の稽古ができる経験

・劇団運営とはどのような仕組みでなりたっているのか?

・どういったところにお金がかかり、キャッシュポイントなにか?

 

等、普通では経験できないこの体験をビジネスを絡めた視点から教えてくれるそうです。

 

正直に言うと、役者さんの努力量は尋常ではなくて、能力的には稼げておかしくない人ばかりです。

 

しかし、実際にうまい役者さんでもアルバイトをしなくては生活をできなかったり

チケットが売れなくて赤字になってしまうことさえあります。

 

そうなってしまう理由は、狭い業界でルールの融通が利かなかったりと

役者の腕とは関係ない部分が多くて非常にもったいない部分ばかり。

 

どの業界でも稼げないものには理由があり、稼げるものにも理由があります。

僕も思う箇所がいくつもありますが、今回はスルーの方向で。

 

特典については、江藤さんのブログに書いてあるのでご覧になってください

http://pocowan.com/engeki_tokuten



ポチってくれると励みになります(・∀・)ノ
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


【メールマガジン】
yoshinaosama_top_mailmaga530*h600


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ