アメリカのアマゾンアカウントが潰れる条件を身をもって解明しました

まずは、今までの戦友を紹介しよう。

 

【エントリーナンバー1】

SKUミス太郎

WS000002

 

価格改定時に同じSKUを入力してしまい

大量注文をキャンセルして評価1が20個ほど付いてしまったうっかりさん。

一人で評価1を10個つける悪魔が存在した。

工作して評価5を10個つけてもらう努力も虚しく、無事凍結される。

 

 

全ての元凶は「コイツ」である。

 

 

 

 

【エントリーナンバー2】

お取り上げ婦人

WS000003

やっと商品が売れ出して、調子に乗ってきたな!!

というところで凍結。

200万円近くの資金が半年間触れないというかなりイタイ女。

 

凍結の原因は「潰したウィンドウズアカウントで新しいMWSを使いツールを動かした」かと思われたが、原因は不明である。

 

頭を抱えたのは言うまでもない。

 

 

 

【エントリーナンバー3】

FBAの悪魔

WS000004

大戦犯。

こいつに比べれば、他が可愛く見えても仕方がない。

資金150万円を凍結するばかりか、FBA在庫が1158個も残っている。

 

返送送料だけでウン十万。

軽く100万円以上の損失であろう。

返送手続きが取れるかも定かではない。

 

 

ちなみに、評価18のSeller Ratingは100である。

 

 

 

【エントリーナンバー4】

マルティチャネルアウティ

WS000005

インド人もビックリ。

まさかの1日で凍結である。

 

新アカウントで売って旧アカウントからマルチチャネルで発送を行っていたのがおそらく原因。

過去の凍結は1ヶ月半かかったから、とにかく在庫を履いてしまおうと思った矢先にこれである。

 

 

 

さあ、現在進行中で悲惨な結果なのですが

嘆いている暇はありません。

 

どうするかって言ったら、新しいアカウントを作るしかありませんよね?

しかし、アカウントが潰れる原因がはっきりとしないので、ある方に相談してみることにしました。

 

 

「お時間ありがとうございます(`・ω・´)」

 

 

「お久しぶりです~」

 

 

「実はアカウントがまた潰れてしまって…」

 

 

「よしなおさん。アカウントの紐付けで多いのは、IPじゃなくてcookieですよ」

 

 

「え!?」

 

 

 

聞くところによると…

 

 

 

「IPで関連付けされることはない」

だとか。

 

 

え?ええ??

みんな「IPには気をつけろ」と言っていたのに??

 

 

本当に気をつける所は、cookieだったようです。

 

 

ブラウザに以前のIDとか表示されるじゃないですか。

あれがNGらしいんですよ。

 

表示されただけでアウト。

LAST PASSなんてもってのほか。

 

他にも、メールをまとめるツールとかもマズイらしいです。

 

 

それじゃあ「本当にIPが同じでも大丈夫なの?」と思うかもしれませんが

現に同じ回線で何アカウントも動かしていて、1年以上何もないのだとか。

 

過去100個以上アカウントを潰した会社のデータなので

間違いはないと思います。

 

 

 

と、いうことで

次回はcookieに気をつけながら

 

 

・名義

・カード名義

・納税申告者

・IP

・電話番号

・メールアドレス

・住所

・銀行口座

 

 

 

更には

 

「DHLの発送元」

 

を変えて、アカウントを作りたいと思います。

 

 

【色々やらかした海外輸出】

輸出に関しての関連記事



ポチってくれると励みになります(・∀・)ノ
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


【メールマガジン】
yoshinaosama_top_mailmaga530*h600


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ