アマゾンの悪い評価が簡単に消せるのはこのタイミングだけ。評価3も消える魔法の期間

ちょうど1年前も話題になったこと。覚えていますか?

 

「なんかこの時期、アマゾン内が忙しすぎて、自動的に悪い評価を消せるらしいよ?」

 

嘘のようで本当の話でしたね。

「へ~そうなのか。試しに削除依頼をしてみるかな。」

と、削除できたのが去年の今ごろです。

 

今年もアマゾンが忙しい時期になってきたので、試しに削除依頼を出してみると…

WS000001

削除依頼を出した直後に

「この評価はポリシー違反をしてるため削除しました」

というメッセージが届いて思わずガッツポーズ。

 

やりすぎかな…?と思いつつもここ1年分の評価3以下のものを全て削除依頼したら

WS000002

思った以上に片っ端から消えてる!!計8個も消えたw

友人は「チートじゃん!!」と大喜びで消していたようですヽ(・∀・)ノ

 

 

今回消せなかったパターンはこれだけ↓

 

・過去に削除依頼を出したもの

・特定のキーワードが入った評価

 

 

下はあくまで憶測です。評価削除依頼を送った直後に弾かれたので、キーワードが原因ではないのかと。

評価が消ないNGキーワードが設定されていて、それに引っかかってしまったのだと思われます。

それ以外はいとも簡単に消えましたね。

これ、この時期に消しまくったらアカウントの評価とか無意味でしょ。

 

 

ただ

「年末に消してもらえるなら、普段から評価を気にしなくてもいいかな」

と思ってしまうのは絶対にやめた方がいいです。

命に関わります。

 

確かに、来年も評価を消してもらえるかも知れない。

ただ、あまりにも悪い評価を付ける…というかアマゾンのアカウントとしてふさわしくないことばかりしていると

あっという間にアカウントを潰されます。

 

本当に僕の周りでは最近

「アマゾンのアカウントが続々と消されています」

 

 

はっきり言って

「普通に販売していれば、アマゾンのアカウントは潰れない」

という考えは時代遅れです。

 

今のアマゾンは、出品者に対して容赦がありません。

 

 

僕のブログの検索も「Amazon アカウント 凍結」といったキーワードの検索が来て

先日は、アカウントが止まってしまった人から相談のコメントが来ました。

このキーワードの検索が後を絶たないことから、どれだけのアカウントが潰れているのかおわかりでしょう。

 

特に一番ひどかったのが、知り合いのアカウントが潰れた話。

 

中国輸入の商品で「類似品」「海賊版」とアマゾンに判断されてしまったそうです。

ロゴも獲得していて、本当にただの類似品。

法律や規約を特に注意している人でありました。

 

けれども、この「海賊版」扱いと「間違った商品を送ってしまう」ことが2回あっただけで

アカウントが潰れてしまったそうです。

 

 

我々のアカウントとは比べ物にならないぐらい販売している、アマゾンに限りなく貢献しているアカウントでさえ

アマゾンのさじ加減で1つで潰れてしまう恐ろしい事例。

 

本当に海賊版でなくただの類似品。

間違った商品を送ってしまうってことが2回だけって、販売量を考えるとメチャクチャ少ないですよ?

納品ミスだけでさえ、僕は年に5個はやらかします。

それで評価1が3個付きましたもの。

 

 

今では簡単なミスが原因で、アカウントが止まってしまうとも限りません。

アマゾンのアカウント凍結の何がひどいかって

「入金の保留」

これにつきます。

 

まず間違いなく3ヶ月間は入金されません。

これ、物販をやっている人にとって致命傷に成りうるんですよ。

 

基本的に商品を売れば利益が上がってしまうため

自分の手持ち資金以上に仕入れにお金を掛けることは、決して悪いことだとは思いません。

クレジットカードで支払いが1ヶ月遅れれば、元手がなくてもお金が稼げてしまいますからね。

 

「予定通り」いけば、遅くても2週間後には入金されるわけです。

 

この入金をアテにしてカードで回している…せどりだと非常に多いと思いますが

この時に入金が途絶えると、地獄を見ます。

僕のUSアカウントの凍結がまさにその状態でした。

 

 

2週間で200万円売り上がったので、カードで更に300万円ほど仕入れたらアカウント凍結。

200万の売上保留+仕入れた商品の販売ができない。

本当に気分が悪い思い出であります(´д`)

 

 

僕の場合はそれ以上の資金があったので、気分が悪くなる程度で済みましたが

もし手持ちがない人が同じ状況になってしまうと、まさに手も足も出ない状況になっていたでしょう。

まあ、リボ払いで逃れるかクレジットカードがブラック入りのどちらかでしょうね。

 

 

特にアカウントが止まった人の中で多いのが

「グレーゾーン」「限りなくブラックに近いグレーゾーン」を突く人です。

 

 

・中古家電の箱なしで良いと書く

・手数料をごまかすため、おもちゃやホビーで登録する

・販売禁止商品を販売する

 

 

色々ありますね。

グレーというかブラックですけどね。あくまで放置されているだけであって。

 

この類のことを知ってやる人、知らないでやる人と様々ですが

結局アマゾンが本腰を入れて取り締まったら全てがおしまいです。

 

 

僕のアカウントは、完全にブラックを突いて止まったんですけどね。

カテゴリー規約違反なので。

 

1度欲をかいて僕も止まってしまったわけですが、自分がその身に置かれて初めてわかります。

「なんて馬鹿で意味のないことをしてしまったんだろう」と。

 

特典系を売ってはいけないことは本当に知らなかったとしても

同人誌をホビーカテゴリーで販売するのはわかってやったことです。

 

 

当時は同人誌だけで1日に5~10万円売り上がったので、欲をかいてやってしまいました。

「これ楽だしリピート効くしうまいなぁ」

「あくまで相乗りだし、注意されるのはカタログを作成した人だよね?」

 

はい、全然そんなことはありませんでした。

しっかりアカウントは止まっています。

 

結局、アカウントが復活したものの

 

 

・残った同人誌の全廃棄

・アカウント凍結のリーチ

・おまけに特典商品も全て廃棄

 

etc…

 

 

僕がいつも「人と違うことさえしていれば稼げる」と言っていますけど

ただ「人がやらないこと」をやればいいという話ではありません。

 

 

それは「やる意味がないこと」かもしれないし

規約違反で販売するように「やると稼げるけどデメリットが多すぎる」ことかもしれません。

あくまで他の人が手を出せない「自分だけが戦える土俵」を見つけるか、作るべきなんですよね。

 

 

僕の経験談なので、単なる理想論を語っているわけじゃないことをわかって欲しいですw

アカウントの凍結に関しては、今年僕がやった1番の失敗なんで

あなたも本当に気をつけてください。

 

 

ビジネスって、瞬間的に利益を取れたところで意味がないです。

活動資金が欲しいだけあれば、1回やれば十分じゃないですか。

 

100万円の単発を売り上げるよりも、1万円の継続を複数作っていった方が将来楽になります。

ビジネスって絶対に継続するものですからね。

稼げる市場を、1年で辞めるわけないじゃないですか。

 

【アマゾンの評価に関する記事はこちら】



ポチってくれると励みになります(・∀・)ノ
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


【メールマガジン】
yoshinaosama_top_mailmaga530*h600


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ