優秀な人は最初からいないから、言われたことを「そのまま」やればいい

今月半ばごろに、同人誌で大量にアカウントが停止されたみたいですね。

ブログの検索キーワードで、メッチャ来ています。

 

自分は同人誌で相当荒稼ぎをして、早い段階でアカウント停止。

何とか復活できたものの、中には凍結された人もいるのだとか。

 

凍結組は「可哀相だなぁ」と思ったものの、少なくとも何度か警告は行っているはずなので

まあ自業自得なのかな。

人間、痛い目に遭わなきゃわからないものですけどね。

事実、僕も止まるまでは「既存カタログに出しているだけだから、アカウント停止はないだろう」と思っていましたし。

 

さすがにアカウントが止まるのは、日米合わせると合計6回。

 

前回のアカウント停止は、超少なめに見積もって500万円以上の在庫が死んでいます。

いくら「有在庫」が作業的に楽と言いつつも、いい加減「在庫」を回すのは嫌気がさしてきますよね。

軽く500万円ですよ。敗戦処理だって簡単にできないんですよ。

 

ようやく「手を離れて入ってくる収入」の有難味を感じておりまする。

ちょくちょく別ブログを更新したりしています。

やっぱり、経費は掛からない方が断然いい。

あ、でもせどり関係ではアフィリする気はありませんけど。

 

大手の人が「止まってしまった」発言をしていたのには、結構驚きました。

随分前から「かなり危険なグレーゾーン」と噂されていたのに。

 

「復活できた」報告をよく目にしたので

余程ブラックなことをしていなければ、大丈夫だったのではないでしょうか。

やっと僕のアカウントを止めてくれた戦犯の、模造品販売ショップは止まったようです。

もう自分のアカウントが復活しないのは確定なので、だからどうしたという話でもありますが。

 

アカウント閉鎖については直接メッセージを送ってくる人もいるんですけど

聞くだけ聞いてその後何もメッセージをよこさないというのはどうしたものかね。

 

僕がせどり関係のコンサルやサポートをしたがらないのって

「自分が主人公」という考えの人が多くて、相手をしたくないからです。

 

 

・質問すればなんでも答えてもらえる

・自分のために動いてもらえる

・それが当たり前

 

 

僕は学校の先生でもないし、むしろ学校の先生でもそんな親身に対応してくれないじゃないですか。

しかもお礼の一言すらない。そんな自己中心的な人とは関わりたくありません。

 

今まで直接会う人には、かなり優しくアドバイスをしていたんですよ。

 

正直なところ

「いや、アドバイスしたことをそのままやれよ。何で聞いておいて嫌がるんだよ」

と思っても

「そうですね。そういう考え方もあるのでいいと思った方をやってみましょう」

なんて言ってみたりしていました。

 

ただ、結局それはその人のためになっていなかったので

もう優しくアドバイスはしないことにしています。

 

高い顧客満足度≒その人のためになる

 

コンサルは「高い満足度を与える」事さえできれば評判が上がるので

ぶっちゃけ中身がスカスカでも人気があったりします。

 

たまに

 

「検索すると出てきた有名な○○というものがあるんですけど」

 

という質問が来ますけれども、内情を知っている身としては

 

う~ん、悪くはないけどベストではない」

 

としか答えられなかったりします。

 

塾とかコミュニティーで成果が上がらなくても、楽しそうに満足している人がよくいるじゃないですか。

いや、何のためにお金払ったのだと。

結果を出さなきゃ意味がないだろうと。

 

金額と中身が釣り合っているサービスって、実際にほとんどありません。

大体釣り合っているところは、無名なところ。知名度が低いところ。

「知名度を上げる」行為って、そもそもお金がかかりますよ。

 

軽いうたい文句に騙される人は、性格上仕方がないかもしれませんが

だからといって、関わりたいとは思いません。

 

単純な話、どんなに行き詰っていたとしても、自分より成果の出ている人から

「もらったアドバイスをそのままやる」

だけで、必ず成果は上がります。

 

「簡単」「ツールに任せて」「たった○分の作業で」等と言った言葉に踊らされずに

「まずやれ」と。言われたことを「そのまま」やれと。

 

 

実際問題、自分のところには入って2か月目のアルバイトがいますが

国内販売の方は、アルバイトに全てを任せてしまっています。

 

最初の1か月は、モノレートの見方を教えて、仕入れ基準を徹底的に決めて

あとは不明な個所を全てピックアップしてもらい、文章化。

さすがに難しい値付けは僕がしますが、彼だけで売上200万ぐらいは簡単に出せてしまいます。

 

始めて2か月で月商200万円。

別に「優秀な人」をたまたま雇ったわけじゃないですからね。

「事務所まで来てくれる」という条件だったから雇っただけです。

 

ただ、彼の非常に良かった点は「言われたことをそのままやった」ということ。

「俺はこう思う」とか「これぐらいやらなくても良さそう」と自分でアレンジはせずに

僕が言ったことを忠実に実行、「こっちの方がよくない?」と思ったら僕に質問をしてくれます。

 

そりゃあ、右も左もわからない人の考えよりも、長年やっている僕の考えの方が正しいのは当たり前なのですが

それが理解できていない人が多すぎる。

 

彼はその点「自分の実力」というものを理解していたので、迅速に成果を上げることが出来たのです。

効率主義が生きた瞬間でした。

 

もちろん、彼のようにすぐ成果を出せる人は多くありません。

途中やる気をなくなってしまう人もいますし、間違った人から教わってしまう可能性もあります。

 

けれども、「実際に言われたとおりにやって」みて

上手くいかなければ方向転換、上手くいけばそのまま続ければいいだけの話です。

というか、まずは「書いてあるとおり」「言われたとおり」何も考えずにやれと。

成果が出ない、実力が足りない人ほど自分の「こだわり」が邪魔以外何物でもない。

 

忠実にやってダメだった時、初めて「自己流」なり「別の師を探す」なりしてみりゃ良いのです。

 

 

 

PS.

最近、「ん?」と思う人に対しては返信していません。

中にはこんなものもありました。

 

「アルバイトとして働かせてくれませんか?」

 

TAKAさんも同じ内容のメールが来ていて、名前を照らし合わせてみるとビンゴ。

もはや笑うしかありません。

 

 

相談であれば答えようがありますが、理由や条件すら何も書かずに「アルバイトをさせてください」

普通に考えておかしいでしょ。

どこの求人でそんな人を雇いますかて。

 

文章としてはそれなりの長さでしたが、書いてある内容が「アルバイトをさせてくれ」

だけ。

文章が長ければ丁寧、とかそんなわけでもなく。

言い回しとか気にするよりも、まずは順を追って説明してくれないと何もわからないですよ。

 

 

 

3行にすらまとめられない。

 

要約すると

「バイトしたい」

勘弁してけれ。

 



ポチってくれると励みになります(・∀・)ノ
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


【メールマガジン】
yoshinaosama_top_mailmaga530*h600


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ