教師冥利に尽きるというやつ

こんばんは~、なんとか?3日に1回は日記を更新できそうです。

実は一昨日、海に行って来ました。

 

ここ最近、高校時代の部活メンバーでちょくちょく遊ぶのですが、今回は当時顧問だった先生も追加で参加です。

なんでも、泊まる宿が顧問の先生の教え子(といっても40歳過ぎ)のホテルに泊まるのだとか。

実は私、海に行く機会が中学生以降ありませんでしたので、とても楽しみでした。

 

 

電車を乗り換えまったり揺れること3時間半、下田に到着。

シャトルバスに乗りホテルに到着すると、教え子の副社長さんが出迎えてくれます。

 

 

副社長さんは面白くとてもいい人でしたし、到着次第カウンターで皆にお酒をごちそうしてもらえるし、当日飛び入りで3部屋も(先生、女2人、男4人)とってもらえました!!

従業員の方が「3部屋!?」と驚いていた顔が忘れませんw

 

先生の人徳には驚かされるばかりです。

私が学生時代の時から人気の先生でしたが、副社長さんを教えていた時代は先生も大分若いです。若い時期から人望があるって素晴らしい。

 

ちなみに男4人に通された部屋がこちら↓

窓の眺め

まったく、素晴らしい眺めですよ!!

しかも座敷が広く何故か寝室付きのベッドが2つ!!

旅行でこんな好条件の部屋に泊まったことはありません。

入口からして他の部屋とは違っていましたし。

 

 

天候だけは残念でしたね。チョロっと雨が振る時もあり、海に入るものの風が冷たくすぐ上着を着てしまいました。

 

 

さてさて、久しぶりに先生と話しましたが、やはり直接会って話すのでは違いますね。

上に立つような人の話って、まずは感情に訴えていくんですよね。

そして誰でもわかる具体例を出し、細かく説明していくと。

 

 

人間は感情に左右される生き物です。

WHAT→HOW→WHYと説明するよりもWHY→HOW→WHATと説明する方が意思決定に繋がりやすいです。

何故って、判断を下すのは感情を司る大脳辺縁系であり、理論的に考える大脳新皮質ではありません。

 

 

いくら理論から説明していったところで、心に訴えかけないと「だから?」となってしまいます。

 

サイモン シネックの動画を見るとわかりやすいです↓

優れたリーダーはどうやって行動を促すか

 

 

私はこの前、本来直接会って言うべきだった話をメールで済ませてしまったことがありました。

色々理由があったのですが、それでも直接会って言うべきだったと、非常に勿体ないことをしてしまったのです。

 

 

大事な言葉は自分の口から伝えましょう。そうでないと相手には全然伝わりません。

楽だからとメールで済ませたりすると、本当に後で後悔しますよ!!

 

 

私ももう少し人に教えるのが上手くなりたいですね~。

アウトプットは頭の整理にはとても大事ですし、教えるのって意外と楽しいものですよ。

特に自分が教えた人が成長してくれると。



ポチってくれると励みになります(・∀・)ノ
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


【メールマガジン】
yoshinaosama_top_mailmaga530*h600


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ