小口出品と大口出品の違い

細かい違いがありますが、特に重要な部分を書かせて頂きます

 

【小口出品】

・商品が売れた時に、成約手数料として100円引かれる

売れた場合のみ、100円引かれます。

 

・使えるレポートが少ない。

ビジネスレポートなどが使えない(というかそのリンク自体がない)

 

 

小口出品はただ出品して売る、だけでしたら何の問題はありません。

 

 

 

【大口出品】

・毎月4900円かかるが、成約手数料はかからない

毎月4900円かかるかわりに、いくら商品が売れても成約手数料はかかりません

 

・各種レポートが見れるようになる

レポート自体あまり使いませんが、便利なものもあります。

 

↓こちらはビジネスレポートです。セッション数や注文数の推移が見れる優れもの

 

他にもこういったレポートがあります。

 

 

こちらを見ると、どれだけ人気の商品がわかりますね。

閲覧数が多いのに全く売れないという場合は、商品の値段が高すぎるかもしれません。

 

・FBAが利用できる

 

小口出品でもできるようです。

 

FBAとは、事前に商品をAmazon倉庫に送り、商品が売れたら勝手に発送手続きをしてくれるサービスです。

返品もAmazon側で対応してもらえます。

倉庫保管費は大抵の物で1商品月5円程度で収まります。

自己発送よりは送料が少しかかってしまいますが、

「家の在庫からわざわざ探す必要がない」

「毎朝発送作業に追われる心配がなくなる」

ので、オススメです。

 

さらにさらに、FBAで出品すると、格段に売れやすくなります。

 

こういった表示がされ、購入者の中には「Amazonが出品者」と勘違いする人もいますね。

Amazonのブランド名は絶大で、驚くほどの過剰梱包w

Amazonで頼んだ人なら分かるでしょう。

また、FBAなら速達が可能になります。

FBAで売るとわかりますが、速達を選ぶ人が非常に多いです。

自己発送との差が500円程度なら余裕で、高いものなら1000円、2000円高値でも売れます。

 

 

普通の人なら、好きなアーティストでもDVDを買ってまで見ることは少ないと思います。

けれども、好きな人は買って見ます、相当なファンです!!

そんな人が1週間以上かかるかもしれない商品を買いたいと思いますか?

すぐ見たいですよね?

次の日に届くのなら1000円高くてもFBAの商品を選ぶでしょう。

 

 

ただ、FBAの欠点を1つだけ言うと、値付けを間違って売れた商品を取り消ししてもらうことはできません

過去2回、無料の自動価格改定ツールで商品の価格が1円になるという事件がありました。

自家発送の場合は、購入者にメールを送って誤り交渉することが出来ましたが、FBAの場合勝手に発送をされてしまいます。

こちらでは何も対応ができず、商品が飛び立っていくのを見届けるしかありません。

上記の事例はめったにないことですが、価格改定をミスったまま売ってしまうことは結構あります。

私も過去2回、値段設定を間違えてしまいました。

明らかに赤字で出ていく商品を泣く泣く見送るしかないのです…。

 

 

以上のことから、私はFBAを利用するために大口出品を非常にオススメします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ