せどりとは

【せどりを転売と捉えている人がいますが、大きな違いがあります】

 

 

【せどり】

相場が決まっている商品を安く買って、相場で売る。

相場より安く手に入れるほど利益が増える。

 

 

【転売】

相場が上がることを見越して商品を仕入れる。

相場が上がるほど利益が増える。

 

 

これだけではわかりづらいと思いますので、具体例をあげてみましょう。

 

【部活動にて】

A太はピチピチの新入生。
悲しいけれど、先輩にこき使われる身分なのである。
「A太!!コーラを買ってきてくれ!!」
150円渡されたA太。
先輩の言うことには逆らえないので、買いに行くしかありません。

 

しかし、ここでA太にはあるアイデアが浮かびます。

 

「コーラ、薬局で110円だったよな。そっちで買えば…」

 

そうです、先輩には「コンビニや自販機で買え」とは言われていません!!

もし薬局で買えば、40円が手元に残ることになります。

 

普段は嫌々パシられていたA太でしたが

最近は喜んで行くようになりましたとさ。
はい、せどりってこんな感じです。
既に価格差が提示されているから、安心して商品を仕入れることが出来ます。
欲しがられている物を、欲しがっている人に提供するだけのことなんですよね。
これを実際にAmazonに当てはめると…
B子さんは嵐の大ファン!!

嵐の初回限定盤の新品DVDが超欲しい!絶対欲しい!!

 

でも、お店、ヤフオク、楽天市場を見てもどこにもないの…。

唯一あるのがAmazonだけど、とても高いわ。

 

でも他では手に入らないし、絶対に欲しいから…
買っちゃおう!!

 

あなたの趣味に当てはめていただくと、想像できるのではないでしょうか。

どうしても欲しい!!でもどこにもない!!

 

仕入れ価格が定価でも、全く問題がありません。
もし近くのお店にまだ置いてあるのならば
それをAmazonで販売するだけで利益が出てしまいます。

 

 

【せどりは即金性があると言われる所以】

 

 

一番メジャーな方法で説明させて頂きます。

まず、Amazonに出品者用のアカウントを作成します。費用は一切かかりません

 

次に、ブックオフの105円コーナーに行きます。(安ければどの店でもOK)

本の名前やISBNコードをAmazonで検索し、中古の最低落札価格を確認します。

 

これが最低価格500円だとします。

 

家に帰り、本のコンディションの説明を入力し、Amazonに出品します。(自家発送タイプは、売れるまで本は手元にあります)

 

しばらくして本が売れました!!

 

Amazonで販売した場合、送料が250円(書籍の場合)上乗せされますので

 

利益=売上+送料-(手数料売上の15%)-原価-成約料-出品料-(実際の送料+梱包費)

つまり
利益=500+250-(75)-105-60-100-(180+20)

 

利益が210円となります。

 

 

出品料、成約料は商品が売れない限り費用として発生しないため、出品自体はタダ!!

家にある物を売るのであれば、100%赤字になることはありません。

注意としては、Amazonの振込は2週間毎となっているため、最長2週間はお金を手にすることはできません。ちなみに私は銀行口座の登録をミスり、実際に振り込まれたのは4週間後となりました。

よく『せどりは稼げる』という話を耳にしますが、高収入を得るためにはそれなりの知識を必要とします。

小銭を稼ぐには確かに簡単です。初期投資が少なくても始められるため、リスクが限りなく低いのがウリですからね。

 

 

 

 

・本当に、雑誌で掲載されているように簡単に稼ぐことができるのか?

結論を言えば、慣れれば誰でも簡単に稼ぐことができます。

但し、大金を稼ぐためには幾つかのハードルをクリアしなければなりません。

 

  1. 商品の目利き力を身につける
  2. 店の特徴を覚える
  3. いろいろな商品を扱う
  4. 長く続ける
  5. 効率化を行う

 

 

1.商品の目利き力を身につける

単純に出版社、シリーズ物で、ある程度値段が付くもの、付かないものを判断することができます。また、タイトルによっても売れる物かどうかある程度判断できます。

例)今買うなら中国株だ!!

 

はい、こちらは値段がつかない物の代表例となります。

今更中国株など買うわけがありませんよね?

 

目利き力は、特に意識せずとも(もちろん意識したほうがよい)数をこなせば身についていきます。絶対にです。

 

「私は記憶力が悪いから無理だと思う」

 

こう思う方がいましても、大丈夫です。何度も同じ売れない本のタイトルを見ていくと「またこの本か」「またこのタイトルか」と、自然に頭に入っていきますから。

 

また、Amazonでは商品ランキングがあります。このランキングは、どれだけ多くの人が関心を持っているかの指標になります。

当然、ランキングが高ければ売れやすくなります。但し、他のメディア(CD,DVD等)となると、ランキングが高ければ売れるというわけではありません。商品レビューなども大事になってきます。

 

2.店の特徴を覚える

店、地域によって、値段の付け方が大きく変わってきます。郊外では車関係の本が多く取り扱われているなど、都内とは全く違った陳列を行なっている場合があります。

 

私は店攻略が一番大事だと思っています。

 

105円棚だけでも、「この店の新書の棚は古い物しかない」「趣味が1つのジャンルにまとめてあり、棚の入れ替わりが乏しい」といった違いがあります。これはジャンル毎の商品の回転率によって

 

3.いろいろな商品を取り扱う

本は一番メジャーなジャンルのため、結局はパイの奪い合いになります。初心者に優しく、上級者になればなるほど短時間で稼げるようになるため、ライバルが沢山います。

資金に余裕があるなら、ゲームを取り扱うべきです。ゲームは回転率が高く、ある程度の利ざやが取れるからです。

但し、せどりは常に買い続けなければならないため、軽く20万円など吹き飛びます。

 

私の場合は情報商材のススメで、CDとDVDをメインに移行しています。

 

4.長く続ける

最初は売れる商品が見つからず、 在庫商品が少ないうちはあまり売れません。

なので、一般的に結果が出るのは3ヶ月かかると言われています。

 

 

私はここ1月半前からCD,DVDをメインに見て行きました。1棚全て調べ、時間があれば次の棚を調べ…を繰り返し、徐々に見ていく棚を増やしていいます。

今では棚の配列、値段がつかないものを覚えていますので、CD計6棚、DVD16棚を30分ほどで見て回れます。

実際に全部調べるとなると、3,4時間やそこらじゃ終わりませんね…。

この方法は、増えた商品だけを調べればいいのでとても時間の短縮ができます。

私は暗記がとても苦手ですので、普通の人ならこの2倍ぐらいの速度で覚えられるのではないでしょうか。

 

長く続けるだけで、目利き力が上がり、商品が増えると回転率も上がります。こんな簡単なことはありませんよ?

5.効率化を行う

1.~4.は、全て効率化につながります。

他にも、「封筒に書く自分の住所をハンコにしてみる」「茶封筒をノリ付きにしてみる」など小さな事も効率化にするべきです。

商品は慣れてくればたくさん買える物が見つかるので、そのうち発送作業に追われることになります。毎朝出品に30分かかるのと1時間かかるのでは大違いですよ?

茶封筒を少し割高にしたところで、30分あればその100倍以上稼ぐことができるようになるので。

 

 

最後に

・探しても1円本しか見当たらない…。

店の9割の物は値段が付かないと思っていた方がいいです。他のせどりをしている人が見た後だとないかもしれません。どの店にもせどりを行なっている人は必ずいます。

 

・「いつ売れるのか」「値崩れはしないのだろうか」が気になる。

売れない時は売れません値崩れはするものです。気にしたら負け。

 

・でもどんどん値下がりするよ?

商品の回転率は大事ですので、どんどん最低出品価格になれるようにしましょう。ある程度慣れてきたら、出品数が少ないもの、価格が高いものを自分流で値付けしてもいいかもしれません。

 

・周りの目が気になる

別に悪いことはしてませんので気にする必要はありません。印象は悪いかもしれませんが。但し、店によっては携帯を弄っているだけで注意される場合があります。また、決して他のお客さんの邪魔になるようなことはしてはいけません。

 

・いっぱい買えた!!でも出品が面倒くさい。

商品はどんどん値下がります。出来れば買ったその日に出品しましょう。

 

 

以上、細かい点は書ききれませんので、気になる方がいましたら質問をお待ちしています。

細かいテクニックや、せどり用のツールは沢山ありますので。

時間があれば、日記に書いてまとめたりする予定です。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ